北朝鮮

核実験のその後を考える。

昨日北朝鮮が2度目の核実験を強行。本音を言うと、韓国が核施設を空爆してくれるといいのだが。休戦中だというのに北朝鮮の核を脅威に思わないのだろうか。どうも不思議。イスラエルがイラクの建設中の原子炉を空爆したのは1981年。これは大きい戦争には発…

ノドンスカッドつるべ打ち

今ごろになってしまったが5日朝の北朝鮮のミサイル発射について。数発撃ったミサイルのうち、主役はやはりテポドン2なのだろう。同時にノドンとスカッドとみられるミサイルを次々発射。これは、テポドン2の発射施設をピンポイントで空爆されるのを阻止す…

爆撃機が歴史を作る

ニュース。 asahi.com:6者協議、7月末に再開 北朝鮮が復帰で米と合意 - 国際 まずは一安心。韓国へ15機のF-117を派遣したのが相当効いたようだ。かつて「戦闘機は華々しく戦うが、爆撃機が歴史を作る」(前半記憶曖昧、原典調査中)と言われた。今であれ…

日高義樹のワシントン・リポート

2005年6月26日の『日高義樹のワシントン・リポート』は北朝鮮問題について元CIA長官のジェームス・ウールジー氏に話を聞いていた。アメリカによる北朝鮮攻撃の可能性はかなり高い。以下のいずれかが攻撃開始の条件とされる。 核実験を行った場合 核兵器ない…

OPLAN 5026

北朝鮮の核問題、拉致問題、国家犯罪および北朝鮮国内の人権問題を一挙に解決する方法は、金正日政権を何らかの方法で排除することだ。北朝鮮人民が自らの力で政権交代を図るのが最善で、次善の策は他国の実力行使ということになる。当然ながら、米軍は朝鮮…

ただ待つことはできない

米国のヒル国務次官補の言葉。 北朝鮮が6カ国協議に復帰するのかどうか、その回答が注目されるなか、米政府高官は「別の選択肢もある」と改めてけん制する発言をしました。 ヒル国務次官補:「直接対話に応じるが、6カ国協議を台無しにするつもりはない」 ヒ…

軍事と外交は車の両輪

今日のニュース2題。北朝鮮に向け、核兵器開発中止を求めるかなりハードな圧力。 米国:北朝鮮での米兵遺骨収集を中断−−太平洋軍司令部 米ステルス戦闘機15機、韓国配備へ 特にF-117の韓国展開は凄味がある。これは何か進展があるかもしれない。

FIFAの厳罰決定

サッカー:6月の日朝戦、第三国で観客なし FIFA決定 国際サッカー連盟(FIFA)は29日、本部のあるスイス・チューリヒで規律委員会を開き、3月の06年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で観客が暴徒化した北朝鮮に対し、次のホーム試合とな…

朝鮮征伐前夜

風雲急を告げる北朝鮮情勢。残念ながら日本国の憲法改正はとても間に合いそうにない。現行憲法でどこまでできるのだろう。憲法に関する見解はid:spanglemaker:20050208に書いた。国連安保理決議にもとづく制裁戦争は「国際紛争を解決する手段として」の「武…

ほとんど最後通牒

昨日のニュース。今年は記者炎上が続くなぁと思ったらついにこれか。これが本当の「国が燃える」。北朝鮮「核兵器を保有」 6カ国協議は「無期限中断」これじゃ一昨日戦った選手の顔に泥塗ってるのではないか>朝鮮労働党。6月あたりはサッカーどころじゃな…

日本政府へ告ぐ!・・・降伏せよ!!

最近、日本は北朝鮮の難民(脱北者)を大量に受け入れよ、という主張がある。例えば民主党の北朝鮮人権法案。 骨子案は脱北者に対し、原則として定住者としての在留資格を与え、職業や日本語教育などの支援を行う。脱北者を支援する民間団体への財政支援や情…

事実上の経済制裁

最近のニュースより。改正油濁損害賠償保障法が3月施行。http://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20050128/mng_____sei_____002.shtmlアサリの適正な原産地表示を農相が指示。http://www.kahoku.co.jp/news/2005/02/2005020101000590.htmアサリの件は2月1日の…

拉致問題に関する原則論

ありきたりの記事だけどそこそこ短くまとめられたので公開してみる.北朝鮮拉致問題で読んでいて同意できない言説はこれ.今でもこんなことを言う人がいる. 日本は朝鮮の人々に悪いことをした.戦後国民が拉致されたのは自業自得である. 文字どおり言う人…

事実が北を追い詰める

http://d.hatena.ne.jp/spanglemaker/20041118#p1で指摘した件について.やはり懸念した記事を見かけてしまった. うそばっかりつく国なので、きっと合成写真だろう。お見合い写真のように、写真ほど「真を写さない」ものはないのは、古くから知られていると…

写真偽造疑惑について

先日北朝鮮が提示した横田めぐみさんの写真.さっそく偽造疑惑が出ている.http://www.sukuukai.jp/report/20041117.html申し訳ないがこの鑑定には異義がある.右下の木の影とされる右上りの影は,路肩部の段差の影にしか見えない(または木の影を路肩部の段…