南北問題

フィリピン人がイラクで誘拐された事件.

海外出稼ぎ者800万人」,イラクに労働者4000人(今朝のNHKニュース)という話を聞くと,簡単にヘタレとか言うのは難しそう.

4000人もの労働者が出かけなければいけない状況を,そういう経済状況を改善できない政府が簡単に「自己責任」とは言いずらいだろう.

日本が先の人質事件で毅然とした態度をとれたのも,現地に日本人の民間人が少なく,さらなる被害はなさそうだったことと,何も現地に行かなくても生活に困らなかろうと思える人質の事情による.

ここから考えられることは,日本もテロが怖いから撤退せよ,では断じてない.

むしろ,日本のような国こそ,現地の邦人の心配が少ない分,より多く兵士を派遣し,現地の安定により多く貢献すべきだと思う.持てるものの責務.または,ノブレス・オブリージェと言うべきかもしれない.フィリピンを責めるのは逆に,持てるものの傲慢ではないかと思う.