テロに屈しない


詳細がわからない、画質から見てビデオCDが報道機関で放送された時点で「自衛隊を撤退させない」と政府がいうのは、人命軽視以前に自力でイラクに行くような不埒な者に基本的人権などない。と言う傲慢さを感じます。

基本的人権」を守りたくても日本の主権の及ばないイラクだから,どうにもなるまい.他の日本人がテロにあう危険を増さないようにするためには,テロに屈しないと明言するより他ない.

屈したところでテロリストが人質を返す保証はなく,逆に日本人を脅せば要求が通るとなったら災難にあう日本人がこれからどんどん増えてしまう.

普通の国なら主権が及ばない外国であっても,その国の政府に日本人の保護をお願いできるけど,それが無理だから退避勧告出してるわけで.今回,どのような結果になろうとそれは彼の過失に見合ったものと考えざるをえない.

小泉総理にしても「無事救出に向けて努力したい」と言っているわけで,別に彼を見捨てるとは言っていない.政府は救出に向け相応の努力をしていると私は考えている.

http://www2.asahi.com/special/jieitai/hostage/TKY200410270311.html

一点追記しておこう.イラクを「日本人保護が無理な国」にしたのは誰か,というツッコミに予防線.サダム・フセインは湾岸危機にあたり,イラク在留の外国人の出国を認めず,人質として国内の要所に収容した前科がある.イラクに引き止められた外国人には日本人も含まれていた.元から当てになる国ではなかった.しかしこれからは当てにできる国になる希望がある.そのために自衛隊も努力している.テロリストごときに希望を捨てさせられたらたまらない.

2004.10.31.追記.

バグダッドの男性遺体、香田証生さんと確認 指紋が一致
http://www.asahi.com/international/update/1031/003.html
合掌.

命は何より大切です,ってのなら,彼のように自分の命を粗末にする人間より,何の落度もないのに災害や犯罪に巻き込まれてしまった人を助けるのが先決のはず.

例えば先日の土砂崩れに埋もれてしまった母子や,北朝鮮に拉致されている日本人など.

あと,外国で無理にでも日本の主権を通す(日本人の基本的人権を守る)というなら軍隊送るのが一番明確(国家の意思としては.有効かどうかはまた別の話).憲法でそれができないというなら憲法が間違っている.もちろん自衛隊撤退では対応が逆.

2005.01.29.追記.

政府の対応については今日こんな記事があることを知った.

http://www.apa.co.jp/appletown/nagata/nt0501.html

「政府は被害者を見捨てた」というような批判はまったく不適当であろう.