国旗・国歌は強制されているか

どうも左の人は東京都で学生に「国旗・国歌が強制されている」と思っているらしく,天皇陛下のお言葉に「それみたことか!」と小躍りしているらしい.

ところが右の人で東京都が学生に「国旗・国歌を強制している」と思っている人がいるのかどうか,寡聞にして知らない.自分に関して言えば強制はないと考えている.

「強制」にならないよう配慮しながら都教委は国旗・国歌の指導を進めている.その報告に対して「やはりあの…ですね,強制になるというものでないからね…望ましい」(ANNニュースの聞き取りと字幕)とお言葉をいただいたのは今のやり方にお墨付きをいただいたことになる.

そんなわけで,私の気持ちは米長氏に近いものであるし,


米長さんは「もうもちろんそう、本当に素晴らしいお言葉をいただき、ありがとうございました」と答えた。

もちろん中山文科相を支持する.


中山文部科学相は「国旗・国歌については、喜んで自発的に掲揚したり斉唱したりすることが望ましいということを述べられたのだと思う」と語った。東京都教委が「日の丸・君が代」の扱いに絡んで、昨秋、職務命令に従わない教職員を大量に処分したことについては「校長が学習指導要領に基づいて、法令の定めるところに従って、所属する教員に対して職務を命ずることは、当該教職員の思想信条の自由を侵すことにはならない」との見解を繰り返した。

左も右も都合のいいように陛下のお言葉を受け取っている,という指摘も間違っていないかもしれない.この場合,右の方は日本は立憲君主制だと考えているので態度に矛盾はないが,日本は共和制が望ましいとか思っているであろう方々は,態度が一貫してると言えるのだろうか.

この件,状況に皮肉が効いていておもしろい.