Tanya Donelly - I hope it's true... -

突然Tanya Donellyを思い出したのでネットで検索.

金髪のお姉さんが真剣な顔してギター弾いてるのがまずかっこいい.そのギターの音がまたかっこいい.

そしてヴォーカルがいい.かっこいいヴォーカルが突然澄んだ高音になったりして気持ちいい.

詞も曲も基本的にTanya本人の作で,そのメロディもまたいい.

歌詞も気になるのだがそれはこれから調べる.'Spaceman'とか'Spaghetti'の歌詞をようやく今回知ることができた.

'Spaceman'ではやっぱり「ユニコーン」と言ってる.しかし「ダイナソー」は'dying sun'だった.


She said, "I'm not a unicorn

Go out and get another one

You're not a dying sun

There's always another ray to your heart"

Bellyをやっていた頃,ライブに行きたいバンドの筆頭だったので(ベーシストのパンツが見たいわけではないことはお断りしておく),知らない間に来日していたのを知って悔しがったりしたもの.

作品はTany Donellyで出したものは1枚しか買っていなかったのだけど,結局その後も出ていないらしい.

Tanya Donelly album - "Lovesongs For Underdogs"

ソロになった後ももう少し注目していればよかった.この機会にまたじっくり聴いてみたい.

Love Songs for Underdogs

Love Songs for Underdogs