日の丸無人機に出番、宇宙ステーションへの物資輸送へ

今日のニュースから.


 日本で開発中の国際宇宙ステーション補給機HTVを、スペースシャトルの後継として米国の物資輸送に利用する方向で検討されていることが、明らかになった。

 この構想が実現すれば、HTVの使用頻度が増えるが、予定していた日本のH2Aロケットだけでなく、米のアトラスやデルタロケットでも打ち上げられる可能性が出てきた。

 米ロケット打ち上げ企業「インターナショナル・ローンチ・サービシズ」のマーク・アルブレクト社長が明らかにしたほか、宇宙航空研究開発機構も、米の複数企業からHTV活用の打診があったことを認めている。

 物資を搭載したHTVはロケットで上空約300キロ・メートルまで運ばれたあと、小型エンジンで自力航行して物資を届ける無人機。ステーション維持に必要な水や食料などの補給は各国で分担することになっており、日本は2008年から6トンの物資を搭載できるHTVを、年1―2回のペースでH2Aで打ち上げる予定だった。

 一方、米はシャトルが退役する2010年以降の物資輸送手段が決まっておらず、HTVを米ロケットで上げて米の分担分を運搬する計画が、米航空宇宙局(NASA)に提案される見込み。

(読売新聞) - 11月13日18時18分更新

日本から宇宙ステーションへ物資輸送.どこかで聞いたような.

この構想が実現すれば、HTVの使用頻度が増えるが、予定していた日本のH2Aロケットだけでなく、米のアトラスやデルタロケットでも打ち上げられる可能性が出てきた」というのがなんとも.

それではロシアのプログレスもアリかもしれない.

で,貨物と一緒に小娘二人も打上げたりしたりして.

種子島プログレスというのはただのギャグだと思ったのだが.実現される可能性がなくはないとは.ここはひとつ,彗星接近のニュースがないことを祈ろう.