この醜くも美しい世界

第6話「水辺にたたずみ」

SF系の仕込みは『まほろまてぃっく』よりよさそうな期待があるので見ているが,序盤〜中盤は想像以上にデートアニメで少々しんどい.学校,山,海っていうテンプレは守らねばならないかやはり.季節的にクリスマス(隠れてバイトしてプレゼント買って渡しそびれるとかのテンプレ)がなさそうなのはよしとしよう.

6話だとそれに加えて車がシエンタグランディスではなんともヌルい.

主役を学生にすると運転手が揃わないからどうしてもミニバンを出さなければならないか.とすると代案はなかなか思いつかない.初代プレーリーぐらい.

男はバイクで移動させればいいのに,とも言えるな.で乗用車に910とか.式条先生もサファリかテラノか,四駆がよかろう.というかあの人の場合運転がまともだったのが物足りない.

まぁそれよりだ.夜の早くから下弦の三日月が出てるのが気になった.形が不正確なのは漫画だからいいとして月齢と月の位置と時刻が整合していないのはどうも気になる.月夜の中天に三日月があるというのはかなりおかしい.一応宇宙ものやる気あるなら月ぐらいちゃんと考証してほしい.

あと他に言及すべきものは何かあったかな.