真実の中国4000年史

杉山徹宗:『真実の中国4000年史』(isbn:4396313586)を読み始めたところ.

ところが、平成十年十一月、日本の宮城県にある上高森遺跡から出土した多量の石器の年代を測定したところ、何と六〇万年前という結果が出た。なにしろこれまでは、縄文時代でも一万年から二万年前というのが学会の定説だったから、今後、日本の歴史は大幅に書き換えられよう。北京原人よりも古い時代に、日本にも原人が生存していたわけで、これは驚きである。(P.37)

上高森遺跡….

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/zenki/index.html

本書は1999年4月に出た『中国4000年の真実』の文庫化.その際訂正し忘れたというのはなんとも痛い.捏造発覚前から確か批判があったと思うので元記事もけっこう痛い…というのは今だからこそ言えることか.当時は教科書に載るぐらいだから真に受けているのも仕方ないかも.

いずれにしても,北京原人は本書のテーマの漢民族の歴史にはあまり関係ないと思うがどうか.