LCACカコイイ

http://www.jda.go.jp/j/news/sumatora/tunami.html

ユニセフの活動に自衛隊が協力しているのを知った。

時々人道支援にはNGONPOの方が自衛隊より優れている、という話を聞く。だから自衛隊を送る必要なし、という結論は本当に「支援」ということを考えているのだろうか。NGOだろうが自衛隊だろうが、今そこにある手段を有効に使うことこそ大事だろう。どちらがより役に立つのだろうと、両者が協力すればもっと役に立つことは間違いない。

松村劭先生によると「世界のNGOは、裏で国家から支援を受けている」のだそうで、日本のNGOはどうも反体制的な感じがするのはそれだけ特殊なのか私の目が曇っているからだろうか。

久々に読んでみたのだが、「イラクで誘拐された人を助けられなかったから自衛隊は国民を守らない」みたいな妄言*1に対する反論にもなっている。

http://www.dupuy.jp/iraq4.html

LCACはかっこいいけど別冊宝島のムック本(ISBN:4796644970)にあった武装LCACは荒唐無稽。

自衛隊・新世代兵器PERFECT BOOK (2005) (別冊宝島 (1118))

自衛隊・新世代兵器PERFECT BOOK (2005) (別冊宝島 (1118))

*1:もともとこれは「詭弁のガイドライン」でいうところの「2.ごくまれな反例をとりあげる」に該当するのであるが。