大宮駐屯地創立48周年記念行事

5月21日開催。大宮駐屯地はあの地下鉄サリン事件で出動した101化学防護隊の本拠地。入場すると化学防護車がアトラクション用に2台、展示用に1台用意してあった。装備品展示では化学防護服、放射能防護服、戦闘防護服などが展示されていた。

装備品展示では以下の武器も展示されていた。不肖私、初めて89式小銃や9mm拳銃に直接触れることができた。

  • 5.56mm機関銃MINIMI
  • 個人携帯対戦車弾
  • 9mm拳銃
  • 89式5.56mm小銃
  • 84mm無反動砲
  • 81mm迫撃砲 L16

高機動車の体験搭乗やグラウンドからのUH-1の離陸など見てから11:00よりアトラクション。戦闘訓練展示はグラウンドでやるものと思っていてその割に誰もいないのでおかしいと思い儀仗広場に行くと戦闘訓練展示用の仮設建物があるデナイノ! 次回は早めに場所を確保しようと密かに誓う。

ここの戦闘訓練展示は化学防護車が出動するところと、道路脇の建物の上にレンジャー隊員がリペリング降下するところが特徴だろう。飛行場で行うような派手な展示ではないが、近くで銃撃戦や銃剣での対決を見るのも迫力があってよい。化学防護車は某国の弾道ミサイル着弾点で化学兵器放射能の測定を行っていた。その後建物に立篭る敵ゲリコマとの銃撃戦はお約束の展開。

いままでこの時期は北宇都宮駐屯地しか眼中になかったが、こちらもなかなかだと今ごろ知る。軽装甲機動車*1と9mm機関拳銃が見たいので陸自のイベントを見逃さないようにしたい。

写真は以下のアルバムの4ページ目にあります。
http://album.nikon-image.com/nk/NAlbumTop.asp?key=382849&un=55875&m=2

*1:イラク派遣に「間に合った」兵器。かの地でその防御力とエアコンの快適性より他国部隊から羨望の眼差しを浴びている