奥さまは魔法少女

女子高生の方はヒネリがなさすぎなのに対しこちらはかなり凝っている。

元ネタがソープオペラの見本みたいな家庭円満な話なのに、いきなり別居状態から始まる。喜子は「魔法少女」と「奥さま」の間でアイデンティティが揺らいでいる。

しかし、メガネの下宿人とダンナから本郷一郎と星川学園の校長を思い出して『G-onらいだーす』を連想してしまう。もちろんあれよりはるかに出来はいいだろうと思う。

通してみると見応えがありそうだ。ただ、自分にとっては、これは、深夜の放送を追いかけるよりDVD借りて一気に見た方がいいような気がする。