入間航空祭

3年ぶりに行ってきた。

今回10:00頃に着いたので、C-1の飛行展示に間に合った。全長30mの輸送機が60度以上のバンクをとって急旋回という相変わらず過激な機動。戦闘機のデモがないとはいえ、これはこれで見応えがある。

天候は曇り。青空が少しのぞいていて写真を撮るのに明るさは十分だったが、飛行展示は霞がかかったような絵になってしまった。特にブルーインパルスの演技の後半は雲が増えてしまい、スモークがほとんど見えない状態。それでも雲底は高く、第1区分の演技を見ることができた。

2001年に買って以来ほとんど使っていなかったエアバンドレシーバー、ユピテルMVT-7300を持っていった。これで10年以上の久しぶりに、ブルーインパルスの交信を聞くことができた。他のデモ機もだいたい聞けた。

特に難しいことはなく、TWRの周波数を登録してそこだけスキャンして(プログラムスキャン)周波数を突き止めただけ。なら前からちゃんとやればよかった。いや、これだけ簡単なことをしなかったのはそもそも交信を聞こうという意欲がなかったということで、聞こうと思い立ったらうまくいったのだから何も問題ないか。

同じくだいぶ前に買っておいた、ナテックのH30という4cm程のアンテナも十分使えることが分かった。

11月末に加須市大利根スカイフェスティバルがあり、これにもブルーインパルスが来るらしい(ただし2、3回航過するだけだろう)ので、その時また交信を聞こうと思う。

カメラはD70とCOOLPIX5400。D70のレンズはトキナーAT-X304AF1本だけ、つまり300mmつけっぱなしで持ってゆくことにした。これでだいぶ荷物を軽くできた。混みすぎて地上展示をじっくり撮れない入間ならではの荒技。

2005.11.04.追記:ニコンのオンラインアルバムに写真を追加しました。

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=436940&un=55875