ノエイン もうひとりの君へ

評判を聞いて5話までオンラインで見た。話が面白くなってきたので6話からはTV埼玉を録画。一応AVセットらしきものを構築してるので、TV放送を見るとえらい迫力。こいつを見逃していたとは不覚。

といっても、カラスたちのかっちょいい/サイバーなシーンだけではやはり見るのがつらい。ハルカ達の日常の描写が魅力的なのでとても印象がいい。絵柄が独特なのも面白い。『クレヨンしんちゃん』をちょっと萌えアニメ風に作りました、という感じか。

話は平行世界もの。エヴェレット解釈からインスパイアってことらしいけど、時々出る物理用語はちょっと笑ってしまう。「トンネル効果」とか。

面白いのは、ハルカたちの日常のドラマが鳥さんたちの世界(キャラがみんな鳥だからそう呼ぼう)を救うという展開を期待させるところ。平行世界ものは数あれど、本作はさすがプロの仕事、と思わせるものがある。

とはいえだ、15年で生きたイモムシ平気で食うほど世界は変るんだろうか。イモムシといえばほとんどためらいなく食ってたハルカもいい。いや、ハルカの一番気に入ったシーンは入浴アイとのケンカのシーン。ひっぱたかれていじけるでも説教垂れるでもなく、「アタシが何したっていうのよ!」ピシ! とひっぱたき返す。

こんな感じのキャラと日常描写が気に入ってるので最後まで視聴予定。ついでに、名塚の演技がすごく上手くなっているのも感心した。

蛇足ながら、今日の画像は、ハルカのリボンの位置が少し違うような気がしたので、こっちのほうがよかろうという提案。やっぱりダメ?