イノセンス

今ごろDVD借りて見た。

落語的オチがついた『ブレードランナー』。そんな気がした。

助けてもらったのに怒られて。消化薬だと思ったうわばみ草が実は…、みたいな本末転倒さが持ち味。

「人命優先」というイデオロギーを否定して特に袋だたきにあわないあたりはさすが押井。

攻殻機動隊』の続編だったので、そいつを未見だった妻には「少佐」がなんだかさっぱり分からなかったようだ。「少佐」がいる分「勝ち」が見えてしまうわけでもあるわけで、「少佐」なしで話をまとめられたらその方が偉かったかもしれない。

相棒が妻子持ちというのは、『攻殻機動隊』の運転手がバーチャル妻子持ちだったのとかけているのだろう。この設定がうまくオチのオチにつながっていておもしろかった。

イノセンス スタンダード版 [DVD]

イノセンス スタンダード版 [DVD]