涼宮ハルヒの憂鬱

第5話「涼宮ハルヒの憂鬱III」

不思議不思議不思議不思議って、一番不思議なのはハルヒお前だろう、というのがそうでもなく、話が進んで、SOS団に宇宙人、未来人、超能力者が揃っていることが明らかになる。それでもやっぱり、一番不思議なのは団長のようだが。

ちなみに私は、団長は見た目はああだけど、中身は要するに鳥坂センパイだろう、と認識している。セカイ系の『究極超人あ〜る』だ。

それはそうと、5話の放送で西宮駅北口に見物に行く人がこれは多いのではないかとニヤニヤして見ていた。

自分は西宮など縁がなかろう、と地図を見たら、11年前に行ったことがあったのを思い出した。1995年7月。阪急西宮駅北口で降りて今津線に沿って北へ歩いた。仕事がらみだが、日曜日に自発的に、阪神大震災のその後の様子を見に行った。

まずは、震災で落橋した国道171号線の阪急を跨ぐ高架橋。橋は橋脚ごときれいに撤去されていた。あまり参考にならないと思いながら橋のあった跡地を撮って歩いた。

その後新幹線の高架橋まで歩いて、橋脚の補修の具合とか、落橋後、クレーンでつり上げて再度使用した床版やPC桁を眺め、写真に撮った。

帰りは確か甲東園から電車に乗って帰ったと記憶している。

もちろん、西宮駅北口がどうだったかなどは覚えていないし、写真も撮っていない。

作品の感想でも何でもない、単なる思い出話。