風人物語

そろそろ『学園アリス』の再放送は終わりだよな、と思ってNHKのサイトを覗いたら、まさにその日が最終回だった、というのが先々週のこと。その後番組として紹介されていた本作、NHKのサイトではこんな紹介。

http://www3.nhk.or.jp/anime/fuuzin/

1行ぐらい読んだあらすじ(この程度のネタバレも嫌なのでたいがい読まない)と絵柄から、なんだこれは???と思う。他に調べると2004年に製作された作品とのこと。採算度外視の芸術アニメか、では自分が求める面白さはあるのか、と疑問に思いつつもとりあえずタイマーをセットして見ることにした。

で昨日の2話まで視聴。危ういところで見逃さなくてよかった。けっこう面白い。

独特のキャラ設定は、遠目にはさほど違和感を感じない。アップでは、目線などむしろ普通のアニメ絵よりリアルに感じられると思う。また、いかにも萌え絵です、という絵ではないのにそこはかとなくエロい。ナオにじっと見つめられたり(目線)、未亡人の後ろ姿(エロい)とか、そんなところにもこの絵は心を動かすものがある。

話は、『絶対少年』みたいに「風の里」でず〜っと進んでいくのかと思ったら、2話までだった。もう2話の終わりからナオも風が使えるようになっている。3話からは日常話になるようだ。

1話で友達の修羅場を話題に出したり、2話で大気先生と未亡人の微妙な関係を描いていたり、人間関係のドラマがまた面白そうで、セリフもけっこうインパクトのあるものがこれからもあるかもしれない。

曼珠沙華ヒガンバナと言う通り、夏休みには咲くものじゃないとか、ちょっとしたツッコミどころはあるけど、全体には見応えありそうなので、これからもずっと見るつもり。

風人物語 Vol.1 [DVD]

風人物語 Vol.1 [DVD]