入間航空祭

今年も行ってきた。9時20分頃現地について、3時半過ぎ、今日帰る外来機が全部帰るまでエプロンにいた。

天気はほとんど快晴。風がなくて少々もやっていたけど、去年よりはいくらかクリアな空気だった。

午前中はなんといってもC-1の飛行展示。全長30mの太目の輸送機が、密集した編隊飛行や60度バンクで急旋回、高速侵入後急上昇などをやってのけるので迫力がある。

百里救難隊の救難展示は、今年はUH-60が青い塗装になっていた。従前の白と黄色の目立つ色ではなく、コンバットレスキューを意識した迷彩塗装。これがかっこよかった。

ブルーインパルスはほとんど雲のない青空の中で演技が行われた。入間では順光なのも有り難い。

外来機の帰投は、以前なら離陸後戻ってきて、会場前でロールして挨拶して飛んでいったのだけど、今年はどの機も離陸したらそのまま飛んでいってしまった。F-4F-15の飛んでる姿を撮りたかったのだが惜しかった。なお、今年はなぜかF-2は来ていなかった。

写真は今回850枚ぐらい撮ったので現在整理中。数日中には、以下のオンラインアルバムの最後の方に追加予定。

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=436940&un=55875