リハビリ出勤

今週からリハビリ出勤となった。とりあえず10時〜15時の短縮時間。

目覚まし時計をセットし忘れていきなり寝坊したが、録画を見る深夜アニメが2本から1本に減っただけのことで10時には間に合った。

メールのチェックとPCのXPをSP3にアップデートして15時になった。2003年に購入してからずっとアップデートしてなかった。最近のメールでセキュリティ上アップデート推奨とあったのでそうした。

学会誌とか郵便物が山盛りだがこれの整理は明日。学会の会費を納入してなかったので払わないといけない。こんな出費があるとは痛い。

久しぶりの出勤ということで朝の電車では少々緊張したが、会社について席に座って一息ついたらだいぶ落ち着いた。

メールをチェックしていたら、慶弔情報で何度か一緒に仕事したことのある同僚の本人の訃報が届いていてショックだった。いったい何があったのだろうか。黙祷。

まさか休みがこれほど長引くとは思っていなかった。思い返すと去年の7月からたびたび調子を崩していたので、この1年は調子が悪いか休んでいるかのどちらかだった。

徐々に調子が悪くなっていったから休みはじめた時は過去に働けなくなった時よりはマシな調子だと思ったのだけど、実は、それでも人並みのうつ病の状態だったのかとふり返って思う。だから本式に直そうとするとあれだけの休みと自宅リハビリが必要だったと考えるのがよさそうだ。

もう長期の療養が必要だということがなければいいのだが。しかし何ヵ月も何年も後のことは分からない。「先の事ばかり心配するより、目の前の一週間を調子を崩さないように過ごすことが大事」とアドバイスされた。そうやって徐々に調子を整えていきたい。