原子力空母ニミッツ

横須賀に入港中の空母ニミッツを見に行った。

2003年にカール・ビンソンが横須賀に来たが、このときはキティホークが整備中だったので港にはいられず、沖合いに停泊していたとのこと。それを知らず、ヴェルニー公園からカール・ビンソンが見えないので入港はガセかとがっかりした。しかたなく三笠公園に行って戦艦三笠を見学してカレーを食べて帰った。三笠の船上から海の方をよく見れば、停泊していたカール・ビンソンが見られた可能性は高い。まったく気づかずに帰ってしまい、あとでえらく悔しい思いをした。

今回は、ジョージ・ワシントンが航海中のため、普通に港に停泊していた。電車からすでにニミッツの姿が見られたので、ついに横須賀を母港としない、アメリカの原子力空母をこの目で見ることができ、ちょっと感激した。

なにしろこの空母はニミッツだ。F-14トムキャットを乗せて1941年のハワイまで行ってきたというすごい経歴がある。今回艦載機にF-14がないのが大変惜しい。ドクロマークのVF-84がかっこよすぎる。

ヴェルニー公園から。艦橋と搭載ヘリコプターの一部。

もっとよく見たいので、Google Earthで事前に位置を確認しておいた安針台公園に移動することにした。

安針台公園から。奥の大きくて飛行機が載っているのがニミッツ。あんな大きな船が30ノット以上で疾駆できるというのはすごい。

空母らしきものがもう一隻写っているのに今頃気づいた。番号181だから「ひゅうが」だ。自衛隊の桟橋の方にいないからどうしたかと思ったら意外なところにいた。

このあと電車を鎌倉で降りて、『青い花』のロケ地を見に行った。

行きに写した北鎌倉の岩のトンネル。

鎌倉駅

江ノ電のホーム。

江ノ電のトンネル。

鎌倉高校前。

このあと江ノ島で降りてしらすを食べて湘南モノレールに乗って帰った。