ジョージ・ワシントン、ひゅうが一般公開(その3)

ジョージ・ワシントンの格納庫での展示。

M61バルカン砲。銃身が上についてるからF/A-18のもの。

多分F/A-18のF404エンジン。

GBU-24ペイブウェイIIIレーザー誘導爆弾。

AGM-154 JSOW。折りたたみ式の翼を供えた滑空できる誘導爆弾。さすがに現物は初めて見た。

AIM-9Xサイドワインダー。

GBU-31 JDAM。イラク戦争などで使われたGPS誘導の精密誘導爆弾。これも現物を初めて見た。

この後ジョージ・ワシントンを降りてひゅうがに向かう。

日産フーガのアメリカ版、インフィニティM。エンブレムを変えた偽インフィニティはよくいるが、これは左ハンドルなので本物。

ひゅうがに乗船。前部エレベーターで甲板へ。

4月に初めて見たときは格納庫も甲板もすごく広く感じられたが、原子力空母を見たあとだとそれほどの驚きはない。

ひゅうがから見たジョージ・ワシントン

艦首のCIWS

前部エレベーターを上から。ジョージ・ワシントンのエレベーターに比べると動きが静か。

皆が傘をさしていることから分かるように、この頃から本格的な雨になってしまった。12月は4日も6日も晴天だったので、この日だけピンポイントで雨。実に間が悪い。11月も21〜23日の3連休は痛車イベントのあった22日だけ天気が悪かった。ちょっとこのところ、イベントごとは天気に恵まれない。

乗組員によるラッパ演奏。ラッパは実務で実際に使われているとのこと。

甲板後部にあったクレーン車。こんな大きい車が護衛艦に載っているというのは驚く。さすが自衛隊随一の大型艦。

この後後部エレベーターで降りてひゅうがを後にした。

昼食は、手近なところで店があったので、中でアンソニーピザを食べた。ミックスピザが320円と安く、量はこれで十分昼食になる量。ドリンクも「ミドルサイズ」というのにどでかいコップを渡された。安いのは円高の影響もあるのかもしれないが、ともかく、いかにもアメリカらしいランチになった。

しかし、途中で見る肉料理がまたうまそうで、我慢してこっちで食べればよかったかもと少し後悔。

帰りは、汐入と距離が大して違わないようなので、快特が止まる横須賀中央まで歩いた。

歩いてみて驚いたのが、横須賀がすごい大きい町だったということ。いつもJRの横須賀駅ばかり利用していたから、線路が単線でいいぐあいに寂れた田舎だと思っていたのだが、これはとんだ認識違いだった。

私の今年のミリタリーイベントはこれで終了。来年は第一空挺団の降下初めに行くかどうか考え中。オートサロンもあるので、天気や寒さをにらみながら予定を決めたい。