TVキャプチャボード

新PCにTVキャプチャボードを取り付けることにした。前のPCにも地上アナログ用の(NEC PK-VS/AG30PR)をつけていたので、PCでTVが見られるようになってようやく、PCが現状復帰する。

要求仕様を以下のように決めて電気店を徘徊。

  • 地上波とBSのデジタル放送が受信、録画できること
  • PCとの接続は拡張ボード形式、できればPCI Express x1
  • ダブルチューナーはいらない

電気店ではUSB接続のチューナーや、地上デジタル専用のカードばかり売っていて、BSが入るやつはなかなかない。それでも、ようやく以下の製品を見つけた。

I-O DATA GV-MC7/VS

http://www.iodata.jp/product/tv/tidegi/gv-mc7vs/

Windows 7専用だが、まさにその環境にしたばかりなのでちょうどいい。欲を言えばB-CASカードはminiがよかったが。

分波器も買って、帰ってさっそく取り付け。いたって簡単だった。

Windows 7のPCがあれば1万ちょっとの出費でテレビ+レコーダーになるとはお得だ。

ソフトウェアは、視聴用に特別のがあるわけではなく、Windows Media Centerの機能を拡張する形になる。視聴も録画も録画予約もMedia Centerから操作する。DVDやBlu-Rayディスクへのへの書き込みもここからできるようだ。

動画編集ソフトはついておらず、録画したTV番組からCMカットなどをすることはできないらしい。それはまあいいが(録画の記録としてはCMの方が貴重なこともある)、画面をキャプチャする方法もどうやらないようだ。もしかしたらできるかもしれないのでもう少し調べてみる。

デジタル放送の画質はさすがにいい。これは一度体験するとアナログには戻れない。

しかし、導入して最初の頃は、画面がちらついたり音声が一瞬途切れたりと、品質がよくなかった。居間の液晶テレビではまともに受信できてるので受信状況が悪いわけではない。録画を再生しても同様にひどい品質だった。

I-O DATAのサイトで調べると、winconfigを実行して常駐ソフトを外すといいとある。Windows Liveなどいらないソフトをいくつか削除してみた。確かに画質がよくなった。先のひどい録画も、ウソのようにきれいに再生された。これで一安心、と思ったら、数日後にまた元の状態に戻ってしまった。

ふたたびI-O DATAのサイトに行くと、2月2日付けで新しいドライバーが公開されているので、だめもとでこれに変えてみた。すると、また画質がよくなって、以後悪化しないようなので、これで解決したらしい。ごくごくたまに画像にブロックノイズが出るが、気になるものではない。

予約録画を最初に試したときは、再生しても真っ黒で無音でなんだかわからなかった。『「コピー禁止」と表示されて画面がでないのですが?』に該当するのかと思い、

http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s16254.htm

に従って「PlayReady PC Runtime x86」を削除したが、当該番組は結局視聴できなかった。録画が見られないのではなく、録画に失敗していたらしい。

が、これがよかったのかどうか、その後は録画に失敗したことはない。削除したはずの当該プログラムはいつのまにか復活している。

番組の予約録画は、PCが起動中またはサスペンドの状態のときに実行される。

今のPCはサスペンドで電源のファンも停止する。もしかしたら前のPCも、2004年に導入したマザーボードのあたりからそうだったのかもしれないが、サスペンドにしたことがなかったので、ここまで見事に止まるとは知らなかった。

前のPCは、2002年に導入した時点では、サスペンドにしても電源のファンは止まらなかった。

それがうるさいのみならず、サスペンド中に時計が遅れてタイマー録画に失敗する、あるいはまったく原因不明のまま録画予約が無視されて録画に失敗する、録画した動画にノイズが乗る、という色々な問題点があった。なので、ビデオデッキの代わりとして使うのは断念し、深夜アニメの録画はもっぱら居間の家電製品を使っていた。

こんどのPCでは、サスペンドにしておいて録画に失敗したとういことは今のところない。夜も静かだし、これなら、TVの視聴環境の第二の主力として使えそうだ。

録画予約はEPGから当該番組をクリックして行う。EPGに反映される限り、番組の時間変更にも対応できるようだ。これはいい。

まあ、去年あたりからナイター中継で深夜アニメの時間がずれる、ということは起こらないけれど。まったく、プロ野球のせいでどれだけ深夜アニメを見るのが大変だったことか。そもそもスポーツ中継がアニメよりでかい顔をしているのが気に入らない。ニュース番組にスポーツコーナーがあるのも気にいらない。そんな娯楽情報がなぜニュースで必要か、もっと報道すべき大事なことはたくさんあるだろう!(以後スポーツとスポーツ中継への愚痴が1時間ほど続く)。

居間のTVはもっぱら子供に占領されているので、録画した深夜アニメなどはどのようにして見るかが課題だった。これを導入したおかげで、PCで見られるようになった。録画したまま見ないでたまってしまうアニメをいっきに減らすことができた。

なお、裏番組録画だとか2番組同時録画だとかは、このTVキャプチャカード単体ではできないが、同じカードをもう一枚追加するとできるようになるとのこと。そういうラジカルな手が使えるのか。違う会社の製品との同時使用は保証外だそうだが、もしかしたら動いたりして。気軽に試せる値段ではないが(十数年前はこれの2,3倍の値段の拡張カードでも「試し」に買ったりしていたものだが(でダメだったのとかあるからたまらない))、気にはなる。