武蔵国鷲宮第28回土師祭(祭り編)

9月だというのに連日猛暑の日々。そんななか、鷲宮の土師祭に行ってきた。

神輿が動き出す13時よりやや早めに着き、鷲宮神社にお参りして、神輿の出発を見て、通りを一通り歩いて、旧鷲宮町役場の駐車場で痛車を見て帰ってきた。

もともと『らき☆すた』の聖地なのでアニメ物件が多いところだが、今日はコスプレでの参加が自由だったのでかなりカオスな状況になっていた。

昼間は一般の人が少なく、特にコスプレの人がよく目についた。

ネタは『らき☆すた』に限らずいろいろ。

たとえば色違いのハルヒが目の前を歩いていた。

なんで色が違うんだろうとか気がついて、ああそうか片方は『Angel Beats!』のゆりだ! としばらくたって分かった。アニメ絵なら見間違えることはないが、さすがに両方男だと細かいところまで目が行かない。

そんなわけで、2007年以来自粛してもらっていたらしい、男の女コスも今日は自由だった。それはもうガタイのいいかがみやつかさを見させてもらった。

一方、中学生ぐらいの女の子でちゃんとしたハルヒコスをしている子がいて、天使に見えた。もちろん写真などお願いできるわけもなく画像は手元にない。どうしても見たい方は私の脳にアクセスして記憶を検索してください。

祭りとしては夜の方が盛り上がりそうだったけど、暑いしコスプレや痛車を沢山見られたので明るいうちに帰った。

以下今日の写真。

駅にあった土師祭のポスター。美水かがみ先生のイラストつき。

コスプレどころか着ぐるみの人も何人か。

住宅街、自転車の市民と「らき☆すた」ののぼりに着ぐるみ。のどかな祭りの風景。

大酉茶屋の前。なんと滋賀県から旧豊郷小学校のグッズの物販が来ていた。

千貫神輿が鷲宮神社を出発。金色に光ってまぶしかった。

神社の駐車場から『らき☆すた』神輿が出発。

この神輿は上海万博から帰ってきたもの。そのせいかよく見ると何箇所かにサインが入っている。

気さくに撮影に応じてくれた着ぐるみの人。

神輿を先導していたジープ。上の絵は片方は伝統的な絵だが、もう片方は西又先生の巫女さんというシュールな状況。

勢ぞろい、プリキュアのお面。

痛車編に続きます。