Windows Media Centerで録画した番組をBDやDVDにダビングする方法

DDR Moveの使い方

うちのPCはアイ・オー・データのTVチューナーカード、GV-MC7/VSとGV-MC7/VZを取り付けてあり、デジタル放送の番組をほぼ毎日録画している(ほとんどが深夜アニメ)。

Media Centerというソフトの使い勝手がどうこうという話はおくとして、ほぼ確実に番組を録画でき、録画した画像の品質も満足いくものなので、基本の基本は不満がない。

以前は「チューナーが使用中です」とか「アンテナが見つかりません」などのエラーで録画に失敗したり、録画後PCがスリープに移行しなかったりしたこともあったが、ドライバ類を最新のものにし、Windowsのアップデートを繰り返しているうちにほとんどそういう問題は出なくなった。

最近まで悩みの種だったのは、録画した番組をどうやってBDやDVDにダビングするかだった。そうしないとHDDの空き容量が足りなくなるし、居間の機器で再生できるようにもしたい。

チューナーカードの箱にはダビング10対応で、他の機器で再生できるようにBDやDVDにダビングできると書いてある。ならば、と録画対応のDVD-Rを50枚ほど買って、その後どうやってダビングするのか方法がさっぱり分からず、途方にくれた。本体付属の印刷物に、ダビングの方法がいっさい書かれていないのだ!

で、チューナーカード導入から1年ばかり経過して、ようやく方法が分かった。よくよく見たらアイ・オー・データのサイトにもやり方が書いてあった。

http://www.iodata.jp/lib/manual/gv-mc7-h03-091221/bddvddubbing.htm

Media CenterのExtrasの中にDDR Moveのアイコンがあるなどまったく知らなかった。あれはプログラムのアイコンだったなんて! 「Extras」はクリップアートが入っているのだとばかり思っていた。

複数番組を1枚のBDやDVDにダビングする方法

BDは約2時間〜3時間、DVDは約2時間の録画が可能だが、DDR Moveは、ひとつの番組を選択すると他の番組を選択できず、その番組一本しかダビングできない。「30分のアニメ1本でBD1枚消費とか、頭おかしいだろうこの仕様!」と理不尽な思い。

しかし、上のページをよく読むとこんなことが書いてある。

※ DVD-Rに新規書込みを行った場合、そのメディアは書き込み終了時に自動的にファイナライズされます。
(追記することができません)

http://www.iodata.jp/lib/manual/gv-mc7-h03-091221/bddvddubbing.htm

これの対偶は、DVD-Rでなければ追記できないことはない。

こんなの普通気づかないよ! 私もぐぐってやっとやり方が分かった。

Q:複数の番組を1枚のBD-Rに録画するにはどうしたらいいですか?

A:ダビング済みで残り容量が十分あるBD-Rをドライブに入れ、DDR Moveで目的の番組を選んでダビングしてください。前にダビングした番組の後に追加書き込みされます。

もちろん、BD-Rの容量が足りなくなるとダビングできなくなるが。その場合、「2枚に分けて録画することになります、よいですか?」みたいなメッセージが出るので、ダビングをとりやめることができる。

DVDはDVD-RWだと追加書き込みが可能。途中で「フォーマットしますか?」と聞いてくるので、「いいえ」を選択すれば追加書き込みになる。

ただ、やや奇妙な現象が。

BD-Rは地デジで約3時間録画可能だが、30分のアニメが8本ダビングできたことがある。

DVD-RWは容量が4.7GBあって約2時間録画可能のはずなのに、DDR Moveでは容量が4.4GBほどしか見えず、30分のアニメは3本しかダビングできない。

とにもかくにも、これで今まで録りためたアニメをどんどんBDやDVDに焼けるというので、現在絶賛ダビング中。

BD-Rへのダビングは時々失敗する(うちだけかもしれない)

HDDの容量が逼迫したため、拡張子wtvのファイルをデータとしてBDに焼いてHDDから削除していたのだが、これもHDDに書き戻したところ、DDR Moveでダビングできた。録画したPCでなら、番組ファイルはコピー、移動しても視聴やダビングができるらしい。

なら、ダビング10回という制限も、コピーしておいたファイルを書き戻せば実質無限にダビングできるようになるか、というと、そうはならない。ダビング回数は別途管理されていて、ファイル本体を上書きコピーしても元には戻らない。

ダビングのやり方は分かったが、BD-Rにダビングするのは必ず順調にいくわけではなく、その挙動には以下のようなバリエーションがある。

  1. 順調にダビングできる。うちのドライブでは倍速で書き込みされる(○成功)
  2. 順調にダビングできる。うちのドライブでは倍速で書き込みされる。しかしデータが壊れているらしく録画した番組が視聴できない(×失敗)
  3. 5分ぐらいBDドライブをシークした後、等速で書き込みされる(○成功)
  4. 5分ぐらいBDドライブをシークした後、番組本体を書き込まずファイナライズだけして終了(×失敗)

2番目は、当該番組がMedia Centerで再生可能であることを確認してからダビングすれば、失敗ということはないようだ。

3番目と4番目は、録画番組のファイルの何らかの特性によるらしく、BD-Rを別のものに交換しても挙動は変わらない。このような状態にある番組は、BDをあきらめて、DVDにダビングするしかなさそうだ(追記:BD-REだと3、4に該当するファイルでも順調にダビングできるのを確認)。

DVD-RおよびDVD-RWへのダビングは、今のところ失敗したことはない。

ただ、上記はうちのPCだけの現象かもしれない。