今期見るアニメ

今年の4月〜6月期は毎週これを見る予定。

今期は32本。記録更新かよ!

BS11金曜夜の3本が15分番組だからいいようなものの。『30歳〜』は30分枠だが。

木曜深夜のアニメの数がすごい。TBS、テレ東、フジテレビで2本ずつでさらにテレ玉1本とかむちゃくちゃだ。さいわい埼玉では3本重なることはないけれど。

今期からは晴れてBDレコーダーを導入したので、3本までなら同時録画できる。Windows Media Centerではやっかいだった諸々のことがことごとく解決していて、専用機の使い勝手のよさに感激した。

機種はPanasonicのDMR-BZT700-K。TVと同じパナでHDDは1TB、で選んだらこれしかなかった。

値段はちょっとびびった。2TBのHDDが数千円で買えるこのご時勢にこれはひどい。いやそれより、下位機種が320GBとか容量が貧弱なほうがひどい。アナログの機種だって250GBでHDD容量逼迫にびくびくしていたのに、デジタルでこれではおちおちDRモードで録画できない。足りない人は上位機種を、という、いわば商品の差別化によるものだが、それはメーカーの理論で、顧客の求めるものがやや軽視されている。

まあそれはそれで。値段的にPC1台+TVチューナーカードより高くついているがそれだけのことがあって、使いやすさと予約録画の確実性はPCより優れ、さらに多くの機能が値段分だけこれでもかとてんこ盛りしてある。

ソフト的には例えばアニメの新番組の1話を自動で録画予約する機能がある。

ハード的には無線LANを搭載しており、本機のみでネット配信の動画が見られる。ソフトの更新もネット経由で自動で行われる。

録画予約失敗は今のところないし、録画時間も1,2秒前に始まり1,2秒後に終わるという配慮が行き届いた仕様。たとえ同じチャンネルで2番組続く場合でも、2台のチューナーを並列に動かし、上記の時間の余裕を確保している。すなわち、2つ目の番組の頭が切れることはない!

これを見てしまうと、録画が1,2秒遅く始まって1,2秒早く終わるというWindows Media Centerがいかにひどいプログラムかと、あらためて怒りがふつふつとわいてくる。

DDR Moveの方も番組をBD-Rにダビングできないことがあったりダビング中にソフトが落ちたりひどいものだった。

値段的に安いといっても、腕に覚えのある人、PCなんてそんなものと割り切れる人でなければ、PC+TVチューナーカードのデジタル放送録画はお薦めできない。

むむ、今だとamazonかなり安い。

以下新番組寸評。

TIGER & BUNNY

バトルものなんか見るかいな、と思っていたがMXの放送時の評判がよかったので見ることにした。

主人公子持ちのおっさんとかなんという俺得。ペプシNEXの寿さんのJKの話も期待。

DOG DAYS

なのはスタッフの新作。風雲たけし城と見せかけてハードな展開に持っていくのだろうか。

スイートプリキュア♪

何作も続いているのにこのところどれも始まりが新鮮だ。スイートも面白い。

日曜朝に見るアニメはこれ1本になってしまったなあ。

青の祓魔師

監督岡村天斎というので見てみた。とりあえず1話は面白かった。

聖痕のクェイサーII

サーシャくんは女装が板につきすぎです。

『日常』

キャラの名前の群馬率が異常。「中之条」とか「玉村」なんて地名これ見なきゃ一生縁のない人も多いだろう。

2話で出た上空からの風景から、アニメ版は舞台が群馬県伊勢崎市だと判明。原作者が伊勢崎の人らしい。

まどか☆マギカ』→前橋(群馬県庁)、『放課後のプレアデス』→太田周辺(「上州バス」バス停)、そして『日常』の伊勢崎。シャフト、ガイナックス京アニ群馬県が制覇。『イニD』も群馬だからAVEXも制覇済み。

花咲くいろは

1話で研修が足りないとかブラック企業だとかネットが異様に燃え上がったが、3話までやって通常の盛り上がり方に落ち着いた模様。

同じPAの『true tears』にあった岡田マリー先生の持ち味を強く感じる。

『若おかみは小学生!』という児童書のシリーズが「お」で始まる名前の主人公が祖母の経営する温泉旅館に住み込みで働く(小学生なのでお手伝いレベルだが)話なのでややネタがかぶっている。NHKでアニメ化まだですかね。

クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!

まいんちゃんは中学生になって卒業かと思ったらまだ1年あった。

もしドラ

震災の影響で一ヶ月遅れて明日からやっと放送。直後にドラッカー関連番組もあるのにさっき気づいたのでこれも録画予約。ドラッカー信者ではないがアニメの関連資料として目は通しておきたい。

アスタロッテのおもちゃ!

BDレコーダーの新番組自動予約の機能になぜかひっかからず、テレ玉の放送に気がつかなかった。1話をネットで見たが『ゼロの使い魔』かと一瞬思う。今期は釘宮ヒロイン2本とはなんという贅沢。

神のみぞ知るセカイII

楠さんがこのシリーズで一番魅力的なヒロインだった。

デッドマン・ワンダーランド

新番組多すぎてこれはまだネットの評判を調べてないが、薪名看守長が絶大な人気を得るであろうことは断言できる。

『戦国乙女桃色パラドックス

絵に描いたようなB級アニメで切ろうかと思ったが、すがすがしいバカアニメぶりで話が進むごとに面白くなってきた。切らなくてよかった。

シュタインズ・ゲート

ワケがわからないけど面白い。ヒロインも魅力的。まゆしーかわいいよまゆしー。桃井はるこが久しぶりに出てた。『Mission-E』以来だったと思う。

俺たちに翼はない

いい感じに頭わいてるのでおもしろいから見る。

『C』

小金井駅に中央線が入ってくるとかなんだこれ。栃木県アニメじゃないのか。

戸松遥が2本のノイタミナでどっちもヒロインやってる。

前のノイタミナの1本目と違って面白くて時間を短く感じた。

星空へ架かる橋

『戦国乙女』でやはり自分はB級アニメ好きと分かりこれも見ることに。脚本が『恋姫†無双』シリーズの雑破業先生だった。調べると『マイユア』もそうなのでいつか見ないと。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

話題の秩父アニメ。まさかの『あ○る』連呼w これもよくできたアニメだ。面白くて時間が短く感じられる。

緋弾のアリア

絵に描いたような釘宮アニメ。銃の描写にこだわりがあるなら拳銃横に寝かせて構えるのはどうかと思うけどガンマニアじゃないのでボロ出しそうだからあまりつっこまないようにしよう。

電波女と青春男

西田亜沙子先生がシャフトに降臨。期待通りの美しい絵を堪能。

まりあ†ほりっくあらいぶ』

1期のノリが順調に継続されている。

続 夏目友人帳

神谷浩史石田彰の友情が美しいでございます。

『よんでますよ、アザゼルさん。』

水島努監督が『イカ娘』で抑えてたものを開放した感じ。

変ゼミ

花澤香菜かわいいよ花澤香菜

『30歳の保健体育』

名塚佳織さん結婚おめでとう。

『Aチャンネル』

福原香織は天使!

そふてにっ

これもBDレコーダーの新番組自動予約でひっかからなかった。

軟式庭球は姉がかなりやっていたが、モロ体育会系だった。アニメの方はどうなんですかね。

Dororonえん魔くん メ〜ラめら

昭和ネタを無理やり詰め込んでいるその過剰さがいい。

ヒロインが能登さんと川澄さんというとリアルでもとても仲のいい二人。

ハルミさんのおかげでツトムくんはさっぱり出ませんね。

ジュエルペット サンシャイン

3作目はすっかりカオスアニメになってしまったw だがそれがいい。あと花音様の黒パンスト。

プリティーリズム・オーロラドリーム』

LISPの人数に合わせてヒロインは3人組。スマイレージは4人なのに『リルぷりっ』は3人だったからあれは何かもめたりしなかったんだろうか。

昭和物語

さすがにこれは生まれる前の話だ。話が変に今風になっていることはなくて特に問題ないと思う。舞台が昔なのにキャラの価値観が現代風だとけっこう萎えるもの。