スマートフォンの不具合再発

画面の縦横自動回転が効かなくなったわがスマホGALAPAGOS 003SH。

http://d.hatena.ne.jp/spanglemaker/20110417/p1

SIMの再発行により一応問題が解決したが、半月ほど過ぎた連休中に、同じ症状が再発してしまった。

前回はワンセグ放送録画時にリセットがかかって異常発生。今回も、ワンセグを見てすぐ後に突然画面の自動回転が無効になった。

最初の段階ではSIMが悪いのかスマートフォン本体が悪いのか分からなかったが、もうこれは確実に、スマートフォン本体に原因がある。ワンセグを見ようとするとき、SIMに何らかのデータが書き込まれ、それがモーションセンサーの信号処理に悪さをするのだと思う。

とはいえ、SIMを別の003SHに挿すと問題は起こらず、あくまでSIMとスマホとの固有の組み合わせのときだけ不具合が出るので、このトラブルの根本原因はまだよく分からない。

またソフトバンクのショップにもっていくのかと思うと気が重い。このややこしいトラブルをどう説明したものか。

できることなら003SHの本体を新品交換してほしいのだが、なかなかそうもいかないだろう。いっそSIMごとシャープに送ってもらって、原因を徹底追及して欲しいとも思う。

ただ、要は画面の縦横が、意図したとおりに変更できればいいわけで、画面の自動回転がオフだと縦画面、オンだと横画面、という具合になっているので、当面は自動回転のオンオフを手動で切り替えてしのごうかと思った。

アプリを探してみたら、ローテーション設定ウィジェットというのを見つけた。

http://jp.androlib.com/android.application.com-yasubehe-settingrotatewidget-CjnB.aspx

これはステータスバーに常駐し、必要なとき手軽に画面の自動回転をオン・オフできる。

たとえばtwitterのタイムラインは自動回転オフで読んで、つぶやきたいときにはステータスバーをドラックして、このアプリのアイコンをタップし、自動回転をオンにする。横画面になるのでQWERTY配置のキーでローマ字入力送信後またアイコンをタップして縦画面に、という使い方になる。これは、重力で自動回転させるのとほとんど切り替えに要する時間が変わらない。

自動回転と違い、スマホの微妙な向きで勝手に画面が回転してしまうことがなく、わずらわしさがむしろ減ってくれた面もある。

このアプリを導入してから、なんとなく、2年間の支払い期間が終わるまでこのまま使っていけそうな気がしてきた。その後で最新機種に変更してしまえば、同じトラブルに逢うことはもう二度とないだろう。

なお、自動回転オン時の画面が稀に縦位置になってしまうことがある。このときは、本体を激しく横に振ると、横向きにできるようだ。また、電源を落とし、SIMを抜き差しすると次から横画面に変わっていたりする。これもなんとかなりそうだ。