懐中電灯レビュー(その2)

http://d.hatena.ne.jp/spanglemaker/20110423/p1

の続きなど。

GENTOS パトリオ9 GP-9

パトリオ6の中心が明るく、徐々に周辺が暗くなって比較的広い範囲まで照らせる、という配光特性が気に入ったので、リフレクター採用で同様の配光特性と思われるこのライトも買ってみた(パトリオ6はコリメーターレンズなのにリフレクターっぽい配光)。

80ルーメンという明るさに、ローモード、フラッシュモードも選べる機能の高さ、そしてスリムで軽い外寸。単三電池2本なので電池の持ちも比較的長い。

買ってみると確かに明るく、かつ配光特性も良好で、特に夜道を歩くのに適しているライトだと思った。自転車の前照灯にも適しているだろう。

ただ、アルカリ電池を入れると中でカタカタ音がするのは気になった。これは、少し径の大きいエネループを入れてみたら音がしなくなった。

ならいっそ、ということで、外出時、eneloopスティックブースター用の予備電池の収納ケースを兼ねて持ち歩くのもアリかと思った。単三のエネループが4本あればスティックブースターでスマートフォンを30%ぐらいの状態からたいがい満充電にできる。

DC-105Fは仕事とか町内会で防犯パトロールとかやるとしたらそれ用とか、ちょっと気合が入ったときのメイン装備とし、散歩はこれ、という使い分けがいいと思った。

なお、色がちょっと緑っぽい感じはする。パトリオ6の青っぽさよりは気にならないが。

ジェントス LED 懐中電灯 【明るさ80ルーメン/実用点灯12時間/防滴】 パトリオ GP-9

ジェントス LED 懐中電灯 【明るさ80ルーメン/実用点灯12時間/防滴】 パトリオ GP-9

ELPA DOP-014BK

GENTOSの回し者だと思われたくないので、ELPAのライトも入手した。

このライトは単三電池1本で1Wという明るさを誇る。また、ベルトクリップつきなのも便利そう。

ただし、値段は3000円近くしてけっこう高い。

震災前にホームセンターで見かけて気になっていたのだが、震災後どこのホームセンターにも入荷しないで、それで余計に欲しくなった。

都内に出たら某カメラ量販店にあったのでポイント交換で入手した。

高いだけあって、アルミに黒塗装したボディはとても質感が高い。

明るさはパトリオ9の80ルーメンよりはやや暗い感じ。

リフレクターのため配光特性はパトリオシリーズとほぼ同じ。色は白くて妙な色つきはない。

ただ、単三1本が電源で昇圧回路を使ってLEDを光らせているので、電池の持ちは悪い。アルカリ電池でだいたい2時間程度。

現在、居間に置いて夜中にトイレに行ったりするのに使っている。電力事情に不安があるときに外出時に携帯するのにも適している。

[ASIN:B000WMHRSY:detail]

GENTOS パトリオ8 GP-8

DOP-014BKは明るさを調整できないので、電池の持ちがどうしても悪い。ローモードのあるパトリオ8なら電池の持ちは改善できる。そもそも値段も安い。

というので、パトリオ9の兄弟機。単三電池1本仕様のこちらも買ってみた。大きいホームセンターで入手できる。

モノとしてはパトリオ9に本当によく似ていて、電池が1本な分だけ小さく軽い。電池の持ちは昇圧回路の損失があるせいか1/4程度まで減ってしまうようだが。

現在、自動車の非常用懐中電灯としてダッシュボードに収めている。今まで車には手回し式LEDライトしかなかったが、これがあれば夜の運転はずっと心強い。

ジェントス LED 懐中電灯 【明るさ80ルーメン/実用点灯1.5時間/防滴】 パトリオ8 GP-8

ジェントス LED 懐中電灯 【明るさ80ルーメン/実用点灯1.5時間/防滴】 パトリオ8 GP-8

LED LENSER L5

GENTOSの製品はもう欲しいものはないなあ、という状況になって、ドイツのブランド、LED LENSERが気になり始めた。

ドイツといっても、製造は中国で販売はサンジェルマンなので、ほとんどGENTOSの兄弟みたいなブランドなのだけど。

LED LENSERはGENTOSより高級志向。それでも、SureFireみたいな無茶苦茶な高級ブランドではない。

ホームセンターではT7が売られていて、200ルーメンという猛烈な明るさをアピールしているが、単四電池というのが電池の入手性の点から敬遠された。できれば備蓄する電池は単三でそろえたい。

単三1本で80ルーメン程度という、T5という製品があって、それが気になった。パトリオ8と同じようなものだが、こちらはコリメーターレンズで焦点調節できて照射範囲を変えられる。

近くの大きいホームセンターに行ったら、T5はなかったが、似たようなコンセプトのL5があったので買ってみた。パトリオ8よりは高いがDOP-014BKよりは安かった。

多くのLEDフラッシュライトがアルミ製の中、L5はポリカーボネード製で、単三1本にしてはやや大きくて重い。また、スイッチが、テールキャップを締めて点灯、緩めて消灯、という仕様なのはちょっとがっかりした。一時的に点灯するボタンもあるのだけれど。

一方、明るさは驚いた。76ルーメンという公称値なのに、80ルーメンのパトリオ9より明るい。160ルーメンのDC-105Fに迫る明るさ。ドイツブランドの本気を感じた。

コリメーターレンズ式なので、配光特性はパトリオシリーズよりドミネーターなどに近い。焦点調節できて、スポットからワイドに無段階に調節できる。スポットは遠くまで照らせてそれはそれで面白いが、ワイドにすると、GENTOSのライトと同様、中心がやや暗くなる。また、スポットとワイドの間の領域で、中心がかなり暗くなる領域があって、実質最スポットと最ワイドしか使えない。

コンパクトな寸法なので持ち歩きに邪魔にならず、スポットで遠くの見たいものを照らせる、というちょっと特殊な状況で本機は役に立つと思う。夜道を歩くとかだったら、パトリオ8の方が配光特性がよく、コンパクトで軽いので便利。

普段使うことはなさそうなので、会社の机に非常用のライトとして置くことにした。単三電池2本で使えるAMラジオもあわせて置いてある。大地震がまた起きる可能性は決して低くはないし、台風など他の災害もありえるので、これぐらいの装備はあった方がいいと考えている。なお、会社の方では、水とカンパンを非常用に備蓄している。

LED LENSER(レッドレンザー) L5 OPT-7005TG [日本正規品]

LED LENSER(レッドレンザー) L5 OPT-7005TG [日本正規品]