行田に富士T-1を見に行く

青空文庫田山花袋:『田舎教師』を読んでいる。まだ読み終わっていないが、聖地巡礼してみたくなって行田をGoogleEarthで調べてみた。

そして発見したのがこれ。

なぜこんなところにジェット機が!?

F-86Fかと思って調べたところ、国産練習機富士T-1と分かった。

さっそく見に行こうと行田市までドライブ。

まず忍城に行ってみた。

行田市の歴史を少し勉強。城は1988年に復元されたもの。『田舎教師』の時点では城はなかったことになる。

続いてさきたま古墳群の方に移動。

富士T-1が本当にあった!

場所は埼玉スバルの整備工場、さきたまガーデン内。

詳しくは下記参照。

http://www.saitama-subaru.co.jp/t-1/index.html

敷地は部外者は入れないが、定期的に飛行機を一般公開しているらしい。その他本機[35-5870]について色々情報が出ている。

富士重工では他に宇都宮工場と太田市の矢島工場内にある。埼玉スバルの本機については現時点でWikipediaに情報はない。

40年以上にわたってパイロットを育て上げ、オーストラリアが輸入を検討した本機は傑作機として誇るべき国産機のひとつ。

こんどは一般公開の日に行ってみたいと思う。

この後、近くの茂美の湯で一息入れて帰った。

世界の傑作機 (No.114) 富士 T-1

世界の傑作機 (No.114) 富士 T-1