読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012年入間航空祭

防衛

今年も11月3日開催。

天気は晴れで素晴らしい航空祭日和になった。報道によると入場者は約22万人とのこと。

いい天気だったが、諸事情により午後の飛行展示のみ見ることになった。昼からではエプロンに入るのが混雑で大変なので、しかも帰りも混むので、ならたまには違うところから見よう、ということで、西武線武蔵藤沢駅で降りて35エンドに行ってみた。

場外も人がたくさんいたが、さいわい金網にかぶりつきで見ることができた。

午後の飛行展示はまず岐阜基地F-2マンボウ”こと#501と、同じく岐阜基地のF-15J。今年も戦闘機の飛行展示(アフターバーナーなし)が実施された。

風は期待通り北西。こちらは風下なので離陸はこちら側から、しかも着陸も撮れる、と期待したが、F-2は離陸はしたものの帰りは着陸せずに飛び去ってしまい、F-15Jもリモートだった。

ただし飛行展示は、エプロンからは撮影できないアングルや大きさで撮れた。

続いてブルーインパルス。これまた目の前で離陸。ただし演技は概ね遠くで行われた。

しかし今回のブルーインパルスの飛行展示は、スタークロスの後、2番機のバードストライクが発覚して緊急着陸となり、そのまま中断となってしまった。せっかくの晴天に残念だったが、大事には至らなくてよかった。

ブルーの着陸後、入曽駅から西武線に乗って川越経由で帰った。

以下当日の写真。

誘導路を進んでくるF-2。HUDが緑に光る。

アフターバーナーに点火して離陸。

ちょうど頭の上で旋回。

ストレーキからベイパーが出てる。

サンヨンに1.4倍のテレコンつけてしかもDXクロップしたら機体がはみ出した。

はるか上空で反転。ストレーキと翼端からベイパー。

F-15Jの飛行展示。入間基地でF-15が飛ぶのを見るのは自分としては2002年の帰投時の飛行以来だ。

F-15が美しく見える角度だが、どうしても遠い。

背面がばっちり撮れたがこれまたあまりに遠い。

ブルーインパルスの演目開始。誘導路を整然と進んでくる。

5番機と6番機の離陸。なんと今年は6番機のロールオン・テイクオフと5番機のローアングル・キューバンを同時に実施してくれた。

T-4ブルーの初期はこれが普通だったのが、いつの間にか1機ずつ別々にやるようになっていた。

この2つの演目を同時にやると、6番機を目で追っているうちに突然5番機が急上昇してきてものすごくびっくりする。

遠くで見ても2機がぶつかるかと思えてスリルがある。

ファンブレイク。光線の具合と雲とでドラマチックな絵になった。

場外にいたおかげでソロ機をこんな近くで撮れた。しかし動きが速くてカメラを振るのが大変だった。

5、6番のペアが背面飛行に移る途中。

青空にスモークが映える。しかし開放近くだとレンズの周辺光量落ちがひどい。動きが激しい場面ではないので絞ればよかった。

2番機の緊急着陸。機首左側面に鳥が当たってけっこうな損傷ができてる。フレームの外で1番機がエスコートしていた。

2番機着陸後滑走路の点検。異常なしというので残りの機が続々と降りてきた。2番機の無事が確定したので、後席の人が手を振って余裕を見せている。

あと余談ながら、帰りの西武線で見たもの。

神様はじめました』の中吊り広告とポスター。川越が舞台のモデルということで西武グループも支援しているとのこと。

でっかい萌え絵でびっくりした埼玉平成高等学校のポスター。埼玉いろいろはじまってます。

以上。