Bluetooth対応ヘッドセット

CDからリッピングしたりネットで購入した曲などがPCに溜め込んであるのだが、これを居間のオーディオセットで再生するのに何かいい手はないかと考えていた。

ひとつはウォークマンをケーブルWMC-NWV10でアンプに接続するという方法。音質的にはこれで満足だが、リモコン対応ではないから、操作するたびにウォークマンのところまで歩いていかないといけない。

Bluetooth対応機でワイヤレスにオーディオ機器に接続できれば、例えばスマートフォンからmicroSD上の曲を送って再生できる。この場合操作は手元のスマホでやるからリモコンも同然。

が、そういう製品がなかなか売ってないし、音質もあまり期待できないようだ。

と考えているところで、それはそうとして、Bluetoothレシーバー買ってスマホの音楽をワイヤレスで聞くようにしたら便利じゃね? ととつぜん思いついた。

そこで、オーディオテクニカのAT-PHA05BTというのを買ってみた。

http://www.audio-technica.co.jp/atj/sc/at-pha05bt/index.html

最初の選曲こそスマホで操作しなければならないが、その後の一時停止や曲送り、あるいは巻き戻し(DAPにこの表現はどうかと思うが)は本機により手元で可能。スマホはワイヤレス接続だからカバンに入れたまま。イヤホンのワイヤーも短くていい。というので、確かに使ってみたら便利だった。

ちょうど購入後3年経過したウォークマンの電池が弱ってきているので、これだけ便利に使えるなら、将来はスマホ+BTヘッドセットを代替のDAPとして使っていけそう。

音質は、まず無音時のノイズが目立つ。ウォークマンもノイズが少々あるが、こちらはかなりはっきり分かる。カセットテープかという。

ただし、曲がはじまるとノイズは分からない。音質はあまり悪くない。イヤホンがいいやつだと、曲を圧縮して転送するBluetoothの粗が見えてくるだろうけれど、さほど高価でないもので、しかも電車で聞いてたりすると、まず不満は出ないレベル。

音切れは歩いているときにたまにある。実用にならないほど頻繁にはない。

もちろん通話ボタンとマイクもあって、音楽鑑賞中に電話がかかってきても通話可能。

ただこれは落とし穴があって、カバンに入れている時にものに当たって通話ボタンが長押しされてしまうことがあり、誤って直近の発信履歴の相手先に電話かけてしまった。後で平謝り。本機をしまうときはロックをかけるのを忘れずに。

電池は充電池内蔵式。満充電で、一日30分ぐらい使って一週間は持つ感じ。スリープ時にしっかり節電されているようだ。さらに何時間かすると電源も落ちる。

まだウォークマンも十分使える状態なので、これとの使い分けが難しいところ。通勤カバンにはかさばらないこれを入れておいて、休日出かけるときや出超はウォークマンかな、という気がする。

落とし穴もう一つ。これはスマホの問題もあるが、本機が電源切れてるのに気づかず、スマホの方から音楽再生して大音量で外部に音が流れ、電車内の人をびっくりさせてしまった。かならず電源が入っていてスマホとの接続が確立されていることを忘れずに。