東京国際アニメフェア2013

昨日行ってきた。やはり昨年同様場所が余り気味で人も少なかった。

それでも力を入れているブースは少なくなく、特にガイナックスの展示が気合が入っていた。

いまいち萌えない娘さん。

飯能市のブース。『ヤマノススメ』推し。聖地巡礼マップを配布していたのでいつか行こう。

タイガー&バニー』のサイドカー

バンダイのブースにて、『宇宙戦艦ヤマト2199』の資料を配布する森雪コスの人。

東映アニメのブースではなんとドキドキ!プリキュアの4人が!

東京MXのブース。『レッドデータガール』のサイン入りポスター。

波打際のむろみさん』。時間的に15分アニメ?

MXはスカイツリーから送信しているから、視聴できる地域はかなり広くなたらしい。うちも視聴できるはずなのだが、マンションのアンテナ設備で物理16chにアッテネーターが入ってるらしく残念ながら見られない。ほとんどの新作アニメはBS11でも見られるからいいけれど。

サテライトのブース。『AKB0048』推し。

ミクのBMW

アイカツ!』の等身大パネルもあった。

昨日行った時間ではエイケンとサテライトと日本工学院のブースでトークイベントがあった。サテライトは『AKB0048』関係で河森正治総監督と佐藤亜美菜白石涼子が出演していた。日本工学院では清水愛トーク。こちらを聞かせていただいたが、タイミング悪く最後の方しか聞けなかった。本編ではサバゲとか釣りの話をしていたのかと思うと惜しいことをした。

今回カメラはニコン1V1でストロボがまたSB-N7。ISO感度の設定を100〜400にしていたのだが、「おまかせシーンモード」ではこれが無視されることが判明。大半の写真はISO800程度までだからよかったが、人物はISO1400あたりまで行ってしまって鮮鋭度が大幅に落ちてしまった(3200まで行かなかったのは会場が明るかったかららしい)。顔認識が働いたので夜景ポートレートモードになってしまったわけで、このとき肌をきれいにするとかいって余計なフィルターもかけてくれるのでなおさらぼけた写真になってしまった。被写体ブレもあるし。こんどこそ屋内イベントはPモードで撮ることにする。

TAFの向かいで「プリティーリズム ドリーム☆フェスティバル」というのをやっていた。4月から新しいシリーズがはじまるようなのでその情報を探りに入ってみた。当日券1200円也。

中は女の子とその家族でけっこうな賑わい。

そんな中、中央あたりのミニステージ周りに新作の情報が出ていた。

タイトルは『プリティーリズム レインボーライブ』。

スケート靴にギターという組み合わせが斬新!

キャラクター原案はぽよよんろっく氏からokama氏に変わった。ほかのスタッフの変更は分からない。シリーズ構成は赤尾でこ先生に引き続きお願いしたいところ。

このステージは16時から監督と加藤英美里小松未可子によるトークイベントがあるとのことだったが、2時間も先のことだったのであきらめて帰ってきた。

プリティーリズム』が単独でこれだけ人を集められるコンテンツに育っていたというのは驚いた。来年あたりは隣で『アイカツ!』イベントもあるといいかも。