フォトカノでヒロイン全員からふられてみた

フォトカノでは、ヒロインとのデートを2回すっぽかすと彼女が激怒し、ふられてしまう。結果、攻略対象のリストから彼女の姿が消えてしまう。

話には聞いていたが、では彼女たちはどんなふうに自分を罵ってくれるのか、気になったので、写真部マスターのトロフィーを獲得するついでに試してみることにした。

ハードはPS VitaでソフトはフォトカノKiss

ヒロインからふられるためのプレイは以下のように進める。

  1. ヒロインAとBをいっしょにレベル5の好感度MAXまで進め、同じ週にデートの約束をとりつける
  2. 次の日曜日に、デートに行く相手をヒロインAとBどちらにするかの選択肢が出る
  3. ヒロインAを選ぶと普通にAとのデートがはじまる
  4. 途中でヒロインBから電話がかかってきて、「約束を忘れていた」と伝えざるをえないこととなる。当然Bは相当ショックを受ける。この時Bの好感度はいっきに0に。
  5. 翌朝、校門でヒロインBが待ち伏せしていて、ひととおり怒られる。
  6. それから、反省しているなら許してあげる、ということになって、再度デートに誘うチャンスをもらえる
  7. 具体的には、失った好感度を再度満タンにし、放課後デートに誘うと、また週末デートの約束をすることができる
  8. ヒロインBの好感度を回復している途中で、ヒロインCの好感度も上げ、ふたたび同じ週のうちに二人のヒロインとデートの約束をする
  9. 日曜日の選択肢でヒロインCを選ぶ
  10. Cとのデート中にBから電話がかかってくるが、怖くて出られないw
  11. 翌朝、校門でヒロインBが待ち伏せしていて、猛烈に怒られ、そしてふられる。
  12. 確認してみると攻略対象からヒロインBが消えている

この後、ヒロインCのレベル6を好感度MAXにすれば学園祭→告白と進められるが、エピローグは見ることができない。エピローグは、誰か一人にでもふられると見られなくなるという仕様だと分かった。他に、学園祭を複数のヒロインと約束してしまった場合も、エピローグが見られない(選ばれなかったヒロインからふられるため)。フォト部マスター・写真部マスターのトロフィーを狙っている場合は要注意。

今回写真部マスターを狙っていたので、上記のように進めてヒロインCを攻略する、では目的が実現できなくなる。そこでこうした。

まず、ヒロインBとCの二人からデートの約束をとりつけた時点でセーブ。

次に、ヒロインBにふられた後セーブせずにタイトルへ出て、先のセーブポイントからやり直し。

こんどはヒロインBとデートし、ヒロインBとエンディングに進む。これならエピローグが見られる。なお、学園祭の約束をとりつけたあとは上書きセーブを行わないこと。

当然、ヒロインBとデートすると今度はヒロインCに怒られる。

そこで、ヒロインBのレベル6を進める間に、ヒロインCの好感度の回復を図り、同時に、ヒロインDのレベル5の好感度も貯める。

かくして、次の日曜日はヒロインCとヒロインDのデートがバッティングして…

こうして、1度のプレイで無理なく二人のヒロインからふられることができる。また、最初のヒロインA&Bとデートの約束の時点でセーブデータを分岐させておけば、ヒロインAからもふられることができる。つまり、3人のヒロインに罵倒してもらえるというプレイができる。レベル6のヒロインを育てないならあるいは4人、5人を同時に進めることができるかもしれない。

これを3回繰り返すと9人のヒロイン全員をマイナス面から攻略できる!

で、実際やってみたわけだが、2度デートをすっぽかされたときのヒロインの怒りっぷりはすさまじい。深く傷ついた、誠実ではない、私なんてどうでもいい、そんな言葉をすごい勢いでぶつけられる。声優の演技というのはこれほどの力があるものなのかと、改めて思い知った。

フォトカノの出演声優に魅力を感じている方なら、この激怒する演技もぜひ堪能してほしい。

ただ、全ヒロインについて2回デートをすっぽかしてみたところ、一人だけは攻略対象から消えないヒロインがいた。ということで、今のところマイナス面の攻略のできるヒロインは8人だ。最後の一人は、絶対に攻略対象から消えないのか、あるいは3回目には消えるのか、それはまたいずれ機会を見て確かめてみたい。

今はラブラブデイズを進めて心の傷を癒しているところであるw

フォトカノ Kiss - PS Vita

フォトカノ Kiss - PS Vita