読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第43回東京モーターショー

東京ビッグサイトで2度目の開催となる東京モーターショー、今日行ってきた。明日まで開催。

前回同様土曜日の朝一で行ったが、前よりだいぶ混んでいたように思う。景気が上向いてきてクルマに興味を持つ人が増えてきたということだろうか。

入ってともかく日産ブースへ、と来てみるとステージの前に人だかりが。しかも誰も動かない。何かと思ったらトークショーが始まった。

これ。お題はGT-Rの2014年モデル。生で近藤真彦を見るなんてびっくりですよ奥さん。

動画でニュルを7分8秒台で走るのを流していたが、クルム氏が「ここでミスっちゃって」とか言ってて、それでもこんなすごい値(量産車最速)を出していてすごかった。これよりいい値を出すポテンシャルがあるということだ。

これがGT-Rの2014年モデルで、ニュルで記録を出したのはNISMOバージョン。これの足回りを専用のオプションに変えたものだとのこと。つまり記録を出したのと同仕様のクルマは金さえあれば手に入る(もちろんお高い)。

日産のコンセプトカーで大きく注目を集めていたIDx。こちらはフリーフロー。

ニスモバージョン。やばいかっこいい!

ローアングルから狙ってみたがデフもドライブシャフトも見当たらず、サスペンション形式もFRっぽくないので、展示車はFFで確定のようだ。動力系も1600ccターボのCVTというからFRの可能性は低い。

日産のブースといえば皆さん大変気になっているかと思うのでノートメダリストのマイナーチェンジ版もじっくり見てきた。

バンパーのソナーはメーカーオプション。フォグランプはディーラーオプションのはず。

メダリストに用意されたメーカーオプションのアルミホイール

インパネ周り。ナビは純正ナビが入っていた。

新しい素材や色合いになったシート。

フロントガラス上部に貼り付く形で単一カメラ式のエマージェンシーブレーキのユニットがあった。オプションのリストに出ていなかったので標準装備らしい。

内側からユニットを見るとこんな感じ。これだけの大きさならステレオカメラにしてもよかっただろうと思う。

以降日産以外の展示。

モーターショーの華はやっぱりコンセプトカーとコンパニオン。写真はスズキのブース。

カワサキの3輪電動バイク、

ブリヂストンのお姉さん。

ボルボコンセプトクーペ。

三菱電機のお姉さん。

日産車体でキャラバンとお姉さん。

三菱自動車のブース。バーチャルコンパニオンの西住みほさん。

スマホの調子が悪かったのとARマーカーが見つけられなかったので、バーチャルコンパニオンは完全には見ることはできなかった。記念写真は撮れた。

今回入場券は新橋のゆりかもめの駅で買った。入場券と一日乗車券のセットで2000円というお得なものだったため。お台場で遊んでゆりかもめを何度も乗り降りすればさらにお得だったと思う。