読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古河駐屯地創立60周年記念行事

昨日6月15日に古河駐屯地創立60周年と第1施設団創隊53周年の記念行事が行われたので行ってきた。

天気は梅雨の中休みで雲ひとつない快晴。日差しが容赦なかった。

9時過ぎに車で到着。今回雛壇に一般席はなく、芝生で去年とほぼ同じ位置の最前列に陣取った。今回は軽量小型の折りたたみ椅子を持参したのでかなり快適に過ごせた。

創立60周年ということで、アトラクションで油圧ショベル3台によるパフォーマンスがあったり、訓練展示にAH-1S74式戦車が登場するなど例年より気合が入っていた。

一方、なぜかグラウンドの周囲に旗が立てられていて、座って撮影するのにかなり邪魔だった。

以下当日の写真。

観閲行進。92式地雷原処理車はまたトレーラーに乗って登場。

グレーダ。

81式自走架柱橋。

75式ドーザもトレーラーに乗って登場。

周りから「可愛い!」と声が上がった資材運搬車。

タイヤローラ。

ダンプ中隊。手前のフラグを誰かに折ってほしい。がおがおー。

03式中距離地対空誘導弾。「さ、中SAM」といえばシャレードのCM。

式典の後アトラクション。まず朝霞振武太鼓。

次に防衛大学儀仗隊のドリル演技。

その後パワーショベル3台による息のあったパフォーマンス。以上3題。

模擬戦闘訓練。AH-1Sコブラが敵を発見。

偵察バイクと軽装甲機動車が出撃して威力偵察。

敵陣をFH70と74式戦車が砲撃。

グラウンドの奥では91式戦車橋が架橋中。

襲ってきたゲリコマとの大規模な格闘戦。これは古河駐屯地の名物にする気かもしれない。

戦車橋を律儀に渡っていく戦車。

AH-1Sの銃撃と戦車の砲撃、FH70の支援射撃、そして隊員の突撃で敵陣制圧。状況終了。

装備品展示のため着陸するAH-1S。空が青い。

着地直前に向きを変える。

今年は装備品展示で94式水際地雷敷設装置も展示された。

午後は足利に移動するので、装備品展示は準備がだいたい終わったところで離脱した。しかし晴天のためか人出が多く、駐車場から出るのに30分近くかかってしまった。

今日焼けで腕が痛い(笑)。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア ウルトラライトチェア C1-55 超々ジュラルミンに改良版

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア ウルトラライトチェア C1-55 超々ジュラルミンに改良版