読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凪のあすから第5話

凪のあすから』第五話「あのねウミウシ

ストーリー

うろこ様が光の父に神のお告げを伝える。今後人は海と陸で縁を切るべし。

嘘をつこうと主張したちさきは自分の間違いを知り落ち込む。まなかの素直さがうらやましい。気が乗らないので遅れて登校しようとしたら浜辺の通りで紡にはち合わせる。昨日嘘はやめろと言われて同意できなかったことを謝るちさき。「あんた、光が好きなの?」とストレートに問われ、とっさに「もう、家族みたいなもんで」と返す。

ちさきは「ウミウシになってくれる?」と紡に言い、もう少し踏み込んだ答えを伝える。「光を好きでいつづけると、どんどん嫌な自分になってく」「ストップ」紡の背後にまなかが。聞かれた。

サヤマートに復帰したあかりに至が来て話があると言う。掟も美海の気持ちもどうにもならないから、いったんは別れを決める2人。美海にも身を引いたと伝える。

夜。美海が行方不明に。波中の4人も必死に探す。美海は海村の子供らの前に自分から出てきた。

美海が見つかったと連絡を受け気持ちが解放されたあかり。至との結婚を決意する。

帰りずらい美海に、光は朝までいっしょにつきあうことにする。波中の仲間も夕食までいっしょにいる。

突然、胞衣がないのに海に飛び込む美海。水中で苦しみながら、母が自分の名前に込めた想いに気づく。「大好きにならなければ、好きにならなければ辛くならない」。あかりを遠ざけたい気持ちの本当が分かった。

光に助けられた美海は言った。「手伝ってほしいことがあるの。私の、ウミウシ」…

視聴コメント

  • うろこ様によると「御霊火は海神の心」
  • 現実の炎も神秘的な現象だけど、海の中の炎は神通力そのものらしい
  • しずくをたらして歩くちさきさんエロすぎ
  • キンメ大漁を素直に喜ぶのではなく世界の異変の前兆と捉える漁師の鑑
  • はちあわせタイミングが絶妙なラブコメ脚本の鑑
  • 中学生の気まずいフォークダンスwww
  • 至の妻の死後、足しげくかようあかり(回想)
  • 美海「あ↓か↑ちゃん!」
  • 母親の友達だから親しくしてたけど、それが新しい母親になると言われたら、ねえ
  • 光も父もあかりの嫁入りを受け入れつつある
  • ウミウシが派手なのは警戒色だと思うんですが…(作中では腹が緑のは食べられる)
  • 毒があって警戒色と考えられるものと、サンゴ礁などで保護色になっていると考えられるものがあるそうです
  • ぐぐったら鳥取の方でアメフラシを食べるとか
  • ニコ動一挙のコメントでは昭和天皇アメフラシを食した話をみんな知ってた
  • 月の欠け方が間違ってますね(正しいアニメの方が少ない)
  • 「ドリコン」発言キタ
  • なんでこう毎回泣かせてくれますかね

解説

美海があかりを新しい母親として受け入れる回だけど、多分本心はセリフの通りじゃないと思うな。やっぱり、母親死んで3年ぐらい後に、仲良しだった母の友達を母親として受け入れることができるかどうか。じっさい、あかりを心の底から母と認められるのはけっこう先のことになる。

「大好きにならなければ、好きにならなければ辛くならない」というセリフは、今から考えるとこの作品のテーマに直結する重要なセリフ。対偶も真。

それはともかく。ウミウシといえば徳川まつり姫ですね。なのです。

あと手持ちのウミウシの写真。

砂粒や泡の大きさと比べれば分かると思うけど、ウミウシはそんなに大きくない。アオウミウシなど小指ぐらい。

最後の写真、右のはともかく、左のウミウシのおなかは真っ白。ていうか腹の赤いウミウシってちょっと…いやなんでもないです。

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 04 アイドルマスター ミリオンライブ!

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 04 アイドルマスター ミリオンライブ!