凪のあすから第15話

凪のあすから』第十五話「笑顔の守り人」

ストーリー

夜11時。家で待つちさきに紡が伝える。光が5年前の姿で見つかった。

中古の一軒家の潮留家に運ばれた光。「同い年」になっている美海と、あかりの息子に戸惑う。

翌朝、狭山とさゆが会いに来る。変わってしまった地上の景色にくらっとする光。漁協のおっさんからおふねひきのときの大漁旗を渡され、まなかを思い出す。

ちさきは自分が変わってしまったので、5年前のまま現れたという光に会うことを拒む。光の方も、おふねひきが「おととい」のこと。こちらも5年の時間差があるちさきに会うことに抵抗がある。

地上でおとなしくしていることに耐えられない光は、汐鹿生に入れないと知りつつも海に何度ももぐる。疲れて陸に上がる。ひどい絶望感。夕方の放送の音楽がおふねひきの歌に変わっている。気になってスピーカーのある山へ向かう光はそこで…

視聴コメント

  • ちさきが「ナイスバディ」は周知の事実w
  • 団地妻呼ばわりは松岡だけだがな
  • 教授がちさきを悪く言ったら地味に怒る紡w
  • 三年殺しか。七年殺しより甘いな
  • ちさきのブラチラ。かなりでかい
  • 紡「すごいこと聞くな」www
  • 紡、事実上の告白
  • 冒頭で受け取った大漁旗がすごい奥のほうにしまってあってそれを美海が探し出した
  • 初見ではなんで旗が2枚あるのか不思議だった
  • ハートでつぎはぎとか乙女すぎるだろうw

解説

「変わりたくない」と一番強く思っていたちさきがムチムチに成長してしまい、変わっていない光に会うことを拒否する。とにかく毎回めんどくさい女。しかし今回、5年前からタイムスリップしてきた光も変わることの怖さが理解できる。

実際に会ってみると光にとってちさきは全然変わってないという。結局2人が会えたことは互いに救いになる。

ちさきの巨乳がリアルすぎて。肩の骨格ががっしりしてるから妊娠してさらに乳が大きくなっても平気な感じ。こういうのは原田ひとみさんが詳しいそうで。

光と再会できたことは互いに救いとなったが、ちさきは5年前に好きだった気持ちを思い出す。だからといって視聴者は騙されないわけだがな。

紡とちさきは完全にできてて、この2人に関してはいつゴールインするかだけが後半クールの問題。

前半クールでは自分からは特に行動を起こさず、受動的に問題解決に助力してきた紡。後半クールでは自分から動くようになっている。劇的欲求が付与された。この物語の中で紡を積極的に動かす原動力となった欲求が何か、はこの15話でかなりはっきり分かるはず。

というかこの5年、よくリビドーに支配されなかったものだ。さすがイケメンは違う。

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- (通常版)

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- (通常版)