読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凪のあすから第21話

凪のあすから』第二十一話「水底よりの使い」

ストーリー

まなかが目覚めた。5年の時間経過も気にせず元気いっぱいにはしゃぐ。しかし、おふねひきの前後の記憶がよく残っていないという。海に引きずりこまれたときの記憶も、「誰か声が」「覚えてない。何かあげるって言ったか、くれって言われたような」「分からない」。

紡はじきに大学に戻るという。大学でいろいろなことを明らかにしてほしいというちさきに、うろこ様なら何か知ってるのではと紡。うろこ様をおびき出す作戦を提案。

潮留家では目覚めたまなかを祝って鍋パーティー。要、さゆも来ている。にぎやかな宴会だがまなかの様子がちょっとおかしい。

翌朝、紡が潮留家に駆け込んできた。彼が見せたものは…

視聴コメント

  • OPが変わった
  • まなかがアホの子、というより危なっかしいな
  • 5個入りのシュークリームをもらって「一個余っちゃう」とかちさきさん波中4人への執着が半端じゃない
  • (もう1個は紡の分じゃないんですか?)
  • 「嬉しかったのが嬉しかった」またややこしいセリフをw
  • まなか、光、要、美海、さゆの5人が屋上に
  • 人数ちょうどいい、とちさきがシュークリームを渡して立ち去る
  • 紡の好物がみかんとコーヒーゼリー
  • ちさき「私、シュークリームより好きかも」(フラグ)
  • うろこ様を買収するのに「えっちな本」がいいのでは、と言ってみたら納得してしまうちさき(エロい)
  • 目にハイライトのないまなかが怖い
  • 予告のさゆwww

解説

まなかが目覚めるタイミングが巧すぎてすごい。自分でもびっくりしてるとかw は20話ラストで、21話アバンではびっくりしてない。

OPが変わって傘を受け取るのがまなかだと確定。美海ちゃんとまなかが水中で手を取り合ってるのは今後の展開なのだろう。

サブタイトルはうろこ様のことだと判明。

色々悩んだけど、まなかが目覚めたことが素直に嬉しかった美海ちゃん。神への階段を一歩ずつ昇っています。

神話の続き。海神様に嫁いだ娘は地上に想い人がいた。海神様は悩んだ末、娘を地上に戻す。代わりにあるものを奪った。奪ったものとは。19話時点では皆が胞衣だと思っていた。

晃にお湯がかかったので速攻で流しに運んで水ぶっかけて冷やすあかり。すっかりできるママになっててすごい。ああいうときはとにかく冷やす。服を慌てて脱がしたりしてはいけない。