読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラスティック・メモリーズ#03

プラスティック・メモリーズ』#03「同棲はじめました」

ストーリー

SAI社TSでは、スポッター(人間)とマークスマン(ギフティア)は一緒に生活する決まりがあるという。異性であるアイラと暮らすことに戸惑うツカサ。しかしアイラは淡々と彼を寮の部屋に案内する。彼女はツカサを無視して服を脱ぐと充電器の椅子に座ってずっと黙っている。

アイラとコミュニケーションがとれないことに悩むツカサ。会社の人がそれぞれアドバイスをくれる。どれを試してもうまく行かず、隣のミチルに迷惑がかかるばかり。

何日かしてカヅキからアドバイス。一緒に出かけるといい。

デートのマニュアル本などを見ながら誘う方法を考えるツカサ。お世話になった人にプレゼントをしたいから一緒に選んで欲しいというのを思いつく。アイラに話したら意外に簡単にOKがもらえた。

二人でショッピングモールへ。そこのエレベーターがアイラと初めて会った場所。あの時はハーブを買いに来ていたというので、屋上のハーブ売り場へ。

観覧車が見えたので遊園地にも行くことにする。ここで、「お礼をしたい人」がアイラ当人だとツカサはうちあける。なぜそんなことを、という問いに、「思い出を作っていきたい」と応えるツカサ。「思い出」という言葉に表情が険しくなるアイラ。そのような目的に自分が作られたわけではない、と冷たく告げて先に帰ってしまう。

ツカサが帰ってみると、部屋の前でアイラが待っていた…

視聴コメント

  • ロボコップに出てくるみたいな椅子に座ってるアイラ(映画見直したら椅子そのものはけっこう普通の椅子だった)
  • この気まずい雰囲気はなんぞ?
  • OPラストのアイラちゃんはうつむいたまま
  • まさかの男女同居
  • 部屋の中が2階になってるアニメ特有の凝った建築
  • エルさんのロリータ服は中の人の私物という指摘多数
  • 意外にいい体してるツカサ
  • ミチルの顔芸www
  • エルさんなんで男物のロリータ服までw
  • なにもないところで躓いて転ぶアイラ
  • 「お世話になった人にお礼」とか明らかにでっちあげた理由すぎて苦笑
  • 「ずいぶんめんどくさそうな人」(おまいう)
  • パーキングでトイレから戻るアイラちゃん
  • 私服を持っていないとかそこはすごくアンドロイドらしい
  • しまぱん
  • そこは「弁償」じゃなくて「買い取り」じゃないかな
  • メガネ→老眼鏡だった!
  • 「めんどくさい人」がブーメランwww
  • 遊園地で売ってたマスコットとIDケースは製品化されてる
  • EDに絵がついた。ラフな絵だけどすごく巧い
  • 最後は何か言ってる
  • 「ありがとう、さようなら」かな?
  • Cパートなし

解説

男女同居はラブコメの基本。ラブコメだからあえてテンプレを踏襲した感がある。

知っているところでは『ゼロの使い魔』、『アブソリュート・デュオ』、『落第騎士の英雄譚』。『ゼロの使い魔』なんて原作は10年以上前だからけっこう伝統のテンプレ。

シド・フィールドの三幕構成論について本を読んでみたら、ほとんどのアニメもこれに従って構成されていることに気がついた。映画の脚本の方法論なのだが、1クールアニメではおおむね3話、6話、3話の話数で3つの幕が成り立っている。

この作品も注意してみるとそうなっていて、第一幕が3話まで、第二幕が4〜10話、第三幕が11話以降となる。

第一幕は物語を視聴者に紹介するのが役目。主要な登場人物と、彼・彼女らがどのような課題に取り組むのかが明らかになる。

この作品では取り組む課題は2話まででかなりはっきりするので、3話はキャラクターの紹介に力が置かれている感じ。紹介の方法は、アイラとコミュニケーションがとれないで悩むツカサへTSの人々がそれぞれの個性に沿ったアドバイスをする、という形になっている。列挙してみると;

  • エル→ラッキースケベ作戦(色恋沙汰が大好き)
  • レン→筋トレ(見た目通り)
  • 課長→料理(最近は愛妻弁当を作ってもらえない)
  • コンスタンス→転びやすいアイラのエスコートや花束をプレゼントなど(気が効いて優しい)
  • ヤスタカ→事故に見せかけて押し倒す(おい!)

3話のラストが一応の話の区切りになっていること、4話から話の流れが変わる、ということからも、ここが幕の切れ目だと分かる。

TSではパートナーどうしが同居、という設定は、ギフティアに家族がないことと関係ありそうな気がする。基本的に所有者と同居して働くギフティアは、所有者を家族とみなして愛着をもつようにできている可能性が。

それはそうと、各人のアドバイスがどれも失敗するとか、ツカサの先輩・上司は皆見事にダメ人間ばかりというのがなんとも。伍堂部長はできる人っぽいけど、他はねえ。職務はこなしてるしなんだかんだ言ってTSの高コスト体質を会社に認めさせているから優秀なところろもあるはずだろけど。

ダメ人間ばかりというのもラブコメというコンセプトのためか。

関連リンク

プラスティック・メモリーズ ラバーストラップ アイラがもらったマスコット

プラスティック・メモリーズ ラバーストラップ アイラがもらったマスコット

プラスティック・メモリーズ SAI社IDカードケース

プラスティック・メモリーズ SAI社IDカードケース