読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成28年度自衛隊記念日観閲式

3年に1度の観閲式。2016年10月23日開催。今年も無事見に行けた。といっても前回同様荒川の堤防。天気は今回も晴れ。

今回カメラとレンズはニコン1V3とCX70-300mm。軽量のジュラルミン製折畳み椅子持参。双眼鏡も持参。前回の教訓を活かし撮影位置は300mほど南へ。

スケジュールを見ると10:30開始。C-2試験飛行というも予定にある。普通の飛行展示なら11時過ぎだがC-2がいつ飛ぶか分からないので式典開始前の10:15頃予定の場所へ。

が、C-2の「試験飛行」は11:15過ぎだったので、1時間ひなたぼっこの時間になってしまった。ネット中継で観閲式を見ていたのでそう退屈ではなかったが、スマホのデータ通信量が10月は2GBを使い切ってしまった。前回は制限なしのプランだったのでそういう心配はなかった。

外でネット動画を見られるのは便利だが通信インフラの整備費も馬鹿にならないのでデータを使う量に応じて分担してもらう、というのがパケットプランの金額の考え方のようなのでまあしかたなくはある。どうしても必要なら追加購入できるし(当然だが自動で追加購入というオプションは入れてない)。

11時を過ぎてから待望の飛行機の展示。

C-2の試験飛行。事実上の飛行展示だがまだ部隊配備前なのでこういう名目にしたようだ。「試験飛行」なのでC-1FTBが随伴。C-2はもちろん初めて見るし、C-1FTBも1998年の岐阜基地以来なので久しぶりに見た。

今回2機の大きさを比較できる。国際貢献を視野に入れた開発されたC-2の活躍が期待される。

ヘリコプターの大規模編隊飛行。数が減りつつあるOH-6Dの5機編隊。OH-1は今回姿を見せず(立川でも飛ばなかった)。

LR-2の2機編隊。

P-3Cの2機編隊。

U-36は今回1機。飛行艇は来なかった。若干固定翼機は規模縮小。

C-130Hは3機飛来。塗装はIRANの際にイラク迷彩から元の塗装に戻されているようだ。ドアのあたりはいつ見てもナショナルジオグラフィック

F-2A。F-2は2機飛来。無事側面が撮れた。

F-15Jは3機。百里基地がファントム基地になったので小松基地から。F-4も来てほしかったが2010年を最後に来ていない。

自衛隊の後に在日米軍。まずブラックホーク3機。

さらに何か来る。

オスプレイが来た!

固定翼機モードでは音は飛行機と同じ。ただし形はすごく奇妙。プロペラは1/500秒ではあまりぶれないのでよりシャッタースピードを遅くする必要があり、撮影は難しくなりそう。

12時過ぎてからさらに特別にブルーインパルスの飛行展示。

V3を買ってからついに太陽の下でブルーインパルスを撮れた。

朝霞訓練場での飛行展示は双眼鏡で鑑賞。

10月は天気が不安定だけどこの日は晴れて本当によかった。

Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D ダハプリズム式 8倍25口径 SPEX8X

Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D ダハプリズム式 8倍25口径 SPEX8X