読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Earth Colors展

アニメ

P.A.WORKSの作品で美術監督を務める東地和生氏の個展、「Earth Colors展」が2017年3月17日から3月28日の期間、アーツ千代田 3331で開催された。

http://www.3331.jp/schedule/003705.html

3月19日と3月25日の2回拝見させていただいた。

まず3月19日。13時から東地氏が在廊との情報を受け、ちょうどその時間に着くように移動。

案内板に従って地下へ。階段にすでに長蛇の列ができている。

ギャラリーはどんなことになっているのかと思ったら、展示じたいは普通に見ることができて、画集なども普通に買うことができた。

画集を購入すると東地氏にサインしていただける、ということで、購入したらお並びくださいと階段へ。

とにかく並んでみたら階段を全部上がって屋上に出てしまった。しばらく並んでみたけれど、確かにサインをいただけるのはありがたいが、それよりも展示されている絵をじっくり見なくてどうする。ということで判断を変え、ちょうど先生が到着してサイン会が始まっている時間でもあるので、改めて地下一階へ。

会場に再度行くと、いかに画集を買うことばかり考えていて、絵を見ていなかったかがよく分かった。

そして、落ち着いて絵を見て、添えてある解説を読むと、ああ自分はここに来られてよかったと心から思った。

会場の奥では東地氏はサイン会実施中で、生でお姿を拝見できた。一人一人にじっくり話をされていて、その穏やかな声をききながら絵を拝見するのもとてもいい体験だった。

帰りの電車で、会場での画集購入特典の冊子を読ませていただいた。アニメに関係されているいろいろな人の声が寄せられていて、美術の仕事をより理解できるとてもいい資料だった。背景美術がただきれいな絵を描くだけではなく、作品世界の深い理解とキャラクターへの愛情が不可欠ということがよく分かった。

そして3月25日。Anime Japanの帰りに再度Earth Colors展へ。

2週目ということで展示内容を30点ほど入れ替えたということなので、ちょうど高感度番長のD700も持って行っているので再度の鑑賞。

美海ちゃんバージョンの案内板。

Earth Colors展に寄せられた花とメッセージ。とてもいい匂い。

そして展示。

展示物は撮影自由、SNSでの掲載自由という驚くべきおおらかさ。

とはいえ、撮影に夢中になって絵の方が記憶に残らないなどということがないよう、残しておきたいと思うもののみを撮影。

個人的にやはり思い入れが強い作品、『凪のあすから』。この展覧会でも会場の半分近くが凪あす関係だった。そして、ここで初めて知った絵がこのティザービジュアル。

アニメ雑誌などで情報を集めていれば、あるいは目にする機会があったのかもしれない。

左の解説がなかなかに衝撃的で、放送の約1年前、この絵を公開した頃は、まだ作品世界が十分できあがっていなかったという。

2クールで、後半クールは前半クールから時間が空く、ということは決まっていたというが、その期間が放送では5年なのに対し、この時期ではまだ15年とされていたとのこと。

噂には聞いていたのだけど、関係者から直接そうい話を聞くと改めて驚く。

15年後、30歳の紡と冬眠から目覚めた15歳のまなかの年の差の恋。「二人を傍観する光」。新海誠もかくやというNTR展開不可避。

ハイティーンのヒロインと30ぐらいのおっさんというと有川浩:『塩の街』も思い出してみたり。

その後、5年後に設定が変わり、後半のストーリーががらっと変わり、そしておそらく作品テーマも大きく変わって、放送版が完成。

当初案では放送版ほどの人気が出たかはわからず、しかも15歳の美海ちゃんが出ないというのでは、それはもうまったく別の作品。それはそれでどんな話か知りたくはあるが、やはり放送版が唯一至高の完成された作品、という気がしないでもない。

そして最後に1枚。『凪のあすから』後半クールのEDの絵。

特に右のまなかの後ろ姿。アニメでは16:9の横長の画面がパンアップしていくのだけど、元の絵はこのとおり縦長で、画素数もかなり多そうな大作。

夕日を浴びる入道雲を前に影になっているまなかが、後半クールの作品世界をとてもよく表している。

Earth Colors展を見てからの自分の行動。まず『Angel Beats!』の録画を見直した。途中のギャグはやはりクソ笑う。それでいてあの泣きラストはずるいw あと、Earth Colors展の天使ちゃんの絵はタイトルが「天使ちゃんマジ天使」で、このフレーズが公式認定されていておもしろい。

それから、11月に思いついてからずっと構想のままだった『凪のあすから』の二次創作の絵を完成させようと思った。4月9日pixivに投稿。

今は東地氏が新たに取り組んでいるという作品を楽しみに待っている。