Great Spangled Weblog

コメントははてなにログインすると可能になります(SPAM対策です)

宇都宮駐屯地創立69周年記念行事

宇都宮駐屯地創立69周年記念行事に行ってきた。4月7日開催。

1950年に戦後警察予備隊の設立とともに駐屯地が発足し、早くも70年が目前。ほどなく旧軍より長い歴史ができそう。

宇都宮駐屯地は中央即応連隊の拠点であり、また第12特科隊、第307施設隊もここを拠点とする。

桜は今年は早くに咲き始めたが、その後寒波が襲い花の時期が延び、宇都宮駐屯地はまさに満開となっていた。

栃木県地方協力本部ではイメージキャラクター「蒼空はるか」関係の本やグッズが売られていた。漫画を購入してレイヤー様を撮影させていただいた。

満開の桜の下式典に向かう中央即応連隊の隊員。

観閲行進の82式式通信車。

ブッシュマスター。

UH-60JAはスキーつき。

演奏は相馬原駐屯地から第12音楽隊。

式典の後アトラクション。まず太鼓演奏。

次に格闘演武。いついかなるとき敵に襲われても戦えるよう訓練しているとのこと。

そして訓練展示。

今回は敵がいる側の前よりに位置を確保できた。高機動車は防弾ガラスや防弾板が取り付けられたII型。

訓練中はII型ということに気付かず、前からの写真なし。「II型は過去の宇都宮で撮ってあるだろう」と調べたら手持ちの写真はどれもノーマルの高機動車。II型がイベントに出るのは初という話がありその蓋然性は高そう。

UH-1Jからのリぺリング降下。安全のため奥で実施。桜は盛りになったばかりでヘリのダウンウオッシュでもあまり散らない。

敵陣の地雷原を啓開するため92式地雷原処理車が出動。例によって発射するのは奥のペットボトルロケットだけど、ちゃんと敵陣に着弾してて精度はさすがだった。

地雷原処理車が啓開した通路を75式ドーザがさらに広げる。

第12特科隊がFH70で支援。今回FH70の射撃回数が多く、火炎も確実に撮影できた。

敵兵に犠牲が多くなり、生き残りも劣勢に。

中央即応連隊の隊員が下車して突撃。

「かばんちゃんを救え!」

敵陣制圧。反撃に備えて警戒に当たる隊員。

この後状況終了で無事展示終了。

装備品展示。中央即応連隊に爆発物処理隊ができたのでその展示があった。写真はロボット。

中央即応連隊の軽装甲機動車。屋根の防弾版が一周してるタイプでワイヤーカッターつき。

一通り見てから最後に防衛資料館を見学した。近くには旧軍の歩兵第59連隊の門柱や哨所がある。

資料館は1/3ほどが大山巌元帥に関する展示。大山元帥の勲章も展示してある。

ちょうど本日新しい天皇陛下が即位され、その際首に大勲位菊花章頸飾を飾られていた。

大山元帥もこれを受賞していて、ここで拝見することができた。

他の展示は1/3が先の大戦に関する展示と戦地から持ち帰った遺品の展示。そして残り1/3が自衛隊の展示。

中は撮影不可なので記念行事の際にぜひ直接ごらんいただきたい。