大空戦

表題の通り、第一次世界大戦から湾岸戦争まで、予測も含めれば中台衝突まで、古今東西の軍用機の活躍を特集したムック本。

バトル・オブ・ブリテンベトナム戦争フォークランド紛争などの有名どころの空中戦のエピソードもさることながら、日米間のDACTでロック岩崎がF-104でF-15を撃墜した話や、ミサイルの誤射で航空自衛隊F-15F-15を撃墜した事件(F-15が空中戦で撃墜された唯一の事例)のようなものまで記事になっている。

カラーページの多いムック本の体裁から、もっと浅い内容かと思ったが、読んで見たらかなりマニアックな内容なので感心した。

これまで2冊出ているので、これからも数ヶ月に1度出ると思われる。新刊が楽しみ。