人類の月面着陸はあったんだ論

人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート

人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート

人類の月着陸はなかったというトンデモ説、いわゆるムーンホークス説に対すると学会からの反論本。

単なる検証本ではなく、本の題名の元となった副島隆彦氏の『人類の月面着陸は無かったろう論』(ISBN:4198618747)はじめ既往のムーンホークス説をボケとして、これにツッコミをなすことで笑える娯楽本になっている。

本書に追加することがあるとすると、どうもイスラム原理主義諸派の中にも、反米の一環としてムーンホークス説を信じてしまっているものがあるらしい。私はムスリムの人から、どこかのアラビア文字のWEBサイトをネタに熱心に否定論を聞かされたことがある。

笑えて読みやすい本であるが、後書きの最後の2行とかはけっこう感動した。