松戸駐屯地57周年創立記念行事

10月25日開催。4年ぶりに行ってきた。10時少し前に到着。雨は上がっていて、人はあまり来ていなかった。

まずは装備品展示を見学。

テントの下に03式中距離地対空誘導弾(中SAM)のミサイル本体が展示されていた。ノズルなどがちゃんとしていたのでおそらく本物。いきなりすごいものを見てしまった。

その後テントや衣類などの装備品を見て、防弾ベストの試着をさせてもらった。

プレート入りのベストはずっしりと重く、私なんぞではとてもこれを着て作業するのは無理だと思った。ベストは着るだけでなく、これにサングラスとヘルメットをつけさせてもらって、隊員の方に記念写真を撮ってもらった。

あと需品学校らしい装備。

野外洗濯セット2型。洗濯機は民生用の全自動洗濯機。

野外入浴セット2型。前回2005年のときは全裸で入る完全な風呂だったが、今回は足湯。おかげで気楽に体験できた。

派手な航空祭もいいけど、こういう駐屯地祭もいい。展示されているものを片端から、待たずに体験できる。

売店の方に行ったら、自衛隊グッヅの売り場がこんな状況に。

右は去年から見かけるようになった「それいけ!女性自衛官」プリントクッキー、左は「自衛官三姉妹」というキャラクターで、モノは缶入りパン。5年保存できて非常食にもなる。

10:20から記念式典。折り悪く雨が降りだした。

音楽隊が来ていなかったが、ラッパ隊が記念式典の音楽を担当していた。

式典の後は観閲飛行。下総基地からP-3Cが一機来て航過していった。

次に少年工科学校生徒によるドリル演技。

ドリル演技の最中にP-3Cが戻ってきて、脚を出しながら飛んでいった。

こちらはドリル演技。

天候のせいか「模型飛行機デモ」は中止。次にラッパ隊の演奏があった。

その後訓練展示。

パジェロで中SAMの展開予定地を視察する指揮官。第336高射中隊の中隊長は女性。

中SAMの模擬発射。煙は発炎筒による。

2005年の訓練展示では改良ホークが展開したが、今年は既に中SAMに変わっていた。

訓練展示のあたりから雨がやんだ。

この後式典会場ではビンゴ大会だったが、体験試乗の方が気になるので行ってみた。

すると、試乗車がトラックと高機動車と、なんと軽装甲機動車もある。軽装甲機動車は先着40名というのでさっそく整理券をもらって並んだ。

順番が来て乗り込むところ。私の席は後席中央。なんと天井ハッチから上半身を出して立って乗るポジション。つまりMINIMIの銃手の位置。風をうけて5分ほど試乗した。椅子の座り心地も知りたかったが、これはこれで貴重な体験をした。

式典会場では訓練展示の車両がそのまま残って装備品展示になっていた。

下志津あたりでは山の上にいて近くで見られない中SAMのレーダー車

舞台では松戸戦隊マモルンジャーショーが行われていた。

ビンゴ大会の景品は野外炊具1号(改)で調理したカレーライスだとのこと。

このあと昼食を食べて一休みして帰った。式典から昼ごろにかけては、けっこう人が来ていて屋台などもにぎわっていた。

おみやげに自衛官三姉妹パン缶を買った。1缶は試食して、残りは非常持ち出しバッグで保管中。