天使ちゃんのダイエット

ジャンガリアンハムスターの天使ちゃん。

相変わらず回し車をかじるのが大好き><。

あるとき木の家を使わなくなって、床材の上に綿を集めて寝るようになった。どうしたのかと思って、家の中の綿を出してみると…。

集めたエサが1cmぐらいの厚さに溜まって家が狭くなっていたことが判明。

特にヒマワリの種は、どうもあげた分のほとんどを頬袋に入れて巣に持ち帰ってしまうらしい。で結局食べない。

脂肪が多すぎるとかでヒマワリの種はやや制限していたが、どうせ溜め込んでしまうならと、最近は多めにあげている。殻をむくのがいい遊びになるだろう。

体重を量ると37g。

確かにヒマワリを沢山あげているわりに太ってない。

というか。

これがうちに来てからの天使ちゃんの体重の変化。

ひところ46gあったのが9gも減ってる!

少し慌てたが、ジャンガリアンハムスターのメスの体重は30〜40gという話。

46gの頃がデブだったのだ。

確かにその頃家族からデブデブ言われていた。「いやこれは、寒さへの適応で丸い体形になっている。耳が小さい、しっぽが短い、手足に毛がある、これらは皆寒さへの適応である」などとしたり顔で説明してきたが、やっぱり太っていた。

今は標準体重。

なぜ痩せたのかというと、どうも、回し車の使い方を完全にマスターしたらしい。以前より回している姿をよく見るようになったし、回し車の汚れ方も、いかにもよく回っているという状態になっている。

うちに来て30日ほどで大人の体重になり、それから運動不足で太り、回し車で運動を沢山するようになって標準体重になった。こういうことらしく、健康そうで安心した。

家の件は、中の余計なエサを捨てたらまた使うようになった。床材で綿の下にいるより、家の中にしっかり綿を詰めて巣を作った方が暖かいようだ。