読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北宇都宮駐屯地開設42周年記念行事

5月24日開催。3年ぶりに行ってきた。ちょっと雲があったがいい天気で、飛行展示も充実していて楽しかった。

まず地上展示。

富士重工宇都宮工場が隣接していることもあり、富士FA-200エアロスバルが4機も展示されていた。これはそのエンジン。4気筒だったとこれで知った。

計器盤。

富士重工OBの人がFA-200開発時のエピソードとか話しているのを傍で聞いてすごい貴重な体験をした。

UH-1Jのスペシャルマーキング。祝賀飛行の大編隊は「日光フォーメーション」というようだ。

CH-47から降りてドリル展示を行う航空学生。

飛行展示。

昨年解隊したOH-6Dによるスカイホーネット。今年から、後継機のTH-480Bによりブルーホーネットとして新しいアクロバットチームが編成された。

TH-480Bじたい見るのは今日がはじめて。それが祝賀飛行でいきなり7機編隊。そしてブルーホーネットでは6機編隊。

ソロ機の演技のあと接近して来る5機編隊。正面からだとほとんど重なって見える。「ヘリザイル」と呼ぼう。

途中で青空になった。

OH-6Dには及ばないが、こちらもまずまずの運動性。

最後に会場前で手を振って挨拶。ちなみに前照灯はLEDのようだ。

UH-60JAの飛行展示。これも迫力あった。

AH-1Sの飛行展示。

AH-64Dアパッチの飛行展示。

救難展示4連続。まず栃木県警のBK117「なんたい」。

栃木県のベル412EP「おおるり」。

自衛隊のUH-1J。

自衛隊からもう1機、UH-60JA。

最後にストライカー消防車が放水デモ。

ひところ飛行展示がほとんどなくて地味な時期もあったが、最近の北宇都宮は面白い。