討論!アベノ橋☆憲法九条商店街

23日のNHKスペシャル.前半しか見なかったがその範囲で憲法九条に関する各党の意見を要約してみる.

  • 自民党:第1項は残す.第2項は改正.自衛のための軍備保持,集団的自衛権国際貢献について記述する予定.
  • 公明党:9条の文言は変えない.自衛隊は合憲.政策は自民に賛成.
  • 民主党:9条の文言は変えたいらしいが防衛政策はよく分からない.
  • 共産党:9条の文言は変えない.自衛権は肯定.自衛のための軍備保持は反対.
  • 社民党:9条の文言は変えない.自衛のための戦争も含めすべての戦争を禁止.自衛隊違憲

自民党は第1項がパリ不戦条約や国連憲章に関連したものであり,その文脈での戦争禁止だという解釈を述べる.確かに条文を見比べて私もそう思った.

パリ不戦条約も国連憲章自衛権は認めているので自衛のための軍備保持は肯定.今ある自衛隊憲法の条文の中で規定し,<誰が読んでも合憲だと分かる>ものとするとのこと.

対する社民党は第1項が全ての戦争を禁じるものとの解釈.解釈の根拠は提示せず.昔から言うことが変わらん.

安全保障政策は憲法の理念を広めて戦争をなくすという考え.外国の不法に非武装でどう対応するかは聞いた範囲では示されていない.

共産党自衛戦争は認めるが軍隊を持ってはいかんという.

統率されない民衆がまともな武器も持たずに(軍隊を持たないとはそういうこと)侵略してきた敵の軍隊を撃退できるとでも思っているのか.「軍隊を持たない」というきれいごとがいかに残酷なことかを考えさせられた.

自民党昭和憲法制定時反対したことを持ち出されうろたえる姿は笑った。

公明党は政策としては自民党に賛成だが条文改正には反対.よく分からん.

民主党は何を言っているのかよく話からなかった.ちゃんと聞いてなくてすいません.