Pretty Cureではない方のPC

『軍事研究』誌の今月号でUAVの記事を見ていたらこの記事が紹介されていた。

First ‘unmanned’ B-2 takes flight

無人のB-2、ではなく、正副操縦士が女性なので‘unmanned’。

当該記事で石川潤一氏曰く;

無人のB-2爆撃機が初めて飛行を行ったように取れるが、実はパイロット二名が女性だったという話で、「man」に過剰反応する風潮を皮肉ったタイトルだった。

空軍の公式の記事でそういうネタを仕込むとはさすがヤンキー。

どうもあちらではPC(ポリティカル・コレクトネス)というのは一段落ついたらしい。

日本でもスチュワーデスが客室乗務員になったり看護婦が看護師になったり色々あったが、これもそろそろ収束だろうか。

JSFことF-35が'the last manned fighter'と呼ばれている。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/1622398.stm

これ以後戦闘機は男子禁制となるのであろう。

この線でいくとプレデターグローバルホークは美少女が操縦しているとかパイオニアUAVは小さい女の子が乗っているのかとかいう話になるがそうなるとやはりUAVは'Uninhabited Air Vehicle'と呼ばねばならなくなるか。

美少女飛行隊という妄想を取るか言葉狩りに付き合うか。難しい選択だ。