東京オートサロン2012

今日行って来た。2年ぶり。1年おきに第一空挺団降下訓練初めと交互に行くような感じ。

また朝一に出かけて9時過ぎに入場。会場が混む前にコンパニオンを撮りまくり、やや混んできた頃にクルマを写して、11時過ぎには会場を後にした。

カメラは新装備のD700、一方レンズは10年以上使っているトキナーAT-X280AF Pro。FX機なので別途DX用標準ズームを持ってこなくてよいのは助かった。

ストロボも前から使っているSB-600。カメラの高感度特性がよくなったのでISO400にしたから、ストロボの光がギラギラするのはいくらか軽減できたのではないかと思う。

以下今日の写真。

市販前のBRZもさっそくSTiバージョンが展示されていた。

『ペルソナ4』の痛車とフリフリ衣装のコンパニオンの人。

スズキのブースのスイフトスポーツ。

レア車レクサスLF-Aも何台か出品されていた。

ホンダHSV。これの市販車をNSXとして出すのかと思ったら、ミッドシップ+ハイブリッドで改めてNSXを出すらしい。モータースポーツよりミッドシップレイアウトだとか環境への配慮だとかの方が、今はスポーツカーのステータスに有利ということか。

Fate/Zero』よりアーチャーの痛車

ニスモのブースに行ったらちょうどGT-Rのピット作業のデモを見学できた。タイヤはホイール込みで20kgだそうで。大きさを考えるとかなり軽いとのこと。とはいえ20kg。それを数秒で交換。

マーチニスモコンセプト。エアロパーツは日産の設備で空力効果を確認したものだという。

S30ZのエンジンをRB26DEに換装したクルマ。GT-RRB26DETTからターボを外してタコ足マニフォールドを装備している。

R32GT-R。ターボがボンネットを突き破ってエンジンの上に装着されている。

IMPULリーフ。オートサロンはハイブリッドだろうが電気自動車だろうがとにかくチューンしてしまう。

インパルのブースでは星野一義社長がサイン会もやっていた。「日本一速い男」の顔を直接拝見できて感激した。