読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古河駐屯地創立59周年記念行事

昨日6月2日に古河駐屯地創立59周年と第1施設団創隊52周年の記念行事が行われたので行ってきた。

天気はよくない予報が出ていたが前日には雨の心配はないと分かり、当日は午前こそ曇ったが午後には晴れの天気となった。ただ、朝のうちはけっこう肌寒かった。

9時過ぎに車で到着。雛壇の一般席はほぼ満員だったので、その横の芝生で最前列に陣取った。最前列では座って写真を撮る主義なので、写真はみんなローアングルになった。それもまたよし。ギリギリのエロスこそアート!

以下当日の写真。

DSC_9908

装備品紹介より、練馬駐屯地から来た87式偵察警戒車。

DSC_9932

観閲行進。1トン半救急車の旧型。

DSC_9938

92式地雷原処理車はなんとトレーラーで運ばれて登場。

DSC_9942

1トン半救急車の新型。高機動車ベースの73式中型トラック(新型)がベースでサスペンションが独立懸架、かつドライブシャフトがオフセットされているのでロードクリアランスがかなりある。

DSC_9951

装甲ドーザー(75式ドーザ)もトレーラーに載せられて登場。

DSC_9953

いつもキュートな資材運搬車。

DSC_9958

タイヤローラ。

DSC_9971

60tクレーン。

観閲行進のあとはアトラクションで太鼓と高等工科学校のドリル演技。

そして模擬戦闘訓練展示。

DSC_0009

UH-1Jが敵を発見。レンジャー隊員を降下させる。

DSC_0020

偵察バイクと1/2tトラックが威力偵察に出動。

DSC_0046

92式地雷原処理車が進路を啓開。

DSC_0067

96式装輪装甲車から下車。

DSC_0086

敵兵がなんとナイフや棍棒で襲いかかってきて、大規模な格闘戦に進展。

DSC_3079

敵陣制圧に向けFH70の砲撃。左側では03式中距離地対空誘導弾が展開。

この後敵陣を制圧して訓練終了。

今回第1施設団の装備する小銃が89式小銃に変わっていた。それから、隊員が格闘戦で敵を倒すというのも施設団らしい戦い方かもしれない。襲われる事態にそなえて訓練を積んでいるとのこと。

以前は戦車とか来ていたが、今回はそういう派手な装備は来ない代わりに、より古河駐屯地らしい戦闘訓練展示になっていたと思う。

DSC_0101

昼食にイカ焼き。茨城県沖でとれたもののはず。肉厚で適度な歯ごたえがあってうまかった。

DSC_0112

装備品展示。これはNBC偵察車を後ろから。

DSC_0119

AH-1S

祝賀飛行にはUH-1JとOH-1が飛んだが、装備品展示はなぜかUH-1JとAH-1Sになっていた。

一通り装備品を見てから、次の目的地栃木県足利市に移動するため、早めに駐屯地を後にした。足利でのことはまた後ほど。