休日用の腕時計購入

シチズンATTESAのATD53-3052を2年ほど前に購入したが、毎日使っていたらベルトやベゼルなどにキズがだいぶつくようになってきた。

デュラテクトDLCの3051にしておけば傷もつきにくいだろうけど、やはり仕事用の時計は銀色がいい。

ただ、休日には違う時計もいいかな、ということであれこれ物色してみた。そうすれば今の時計が傷つくペースも落ちるだろうし、万一時計が壊れた時にバックアップにもなる。仕事でも工事現場に行くときは違う時計をして行きたい。

ふとカシオのG-SHOCKが気になって見てみた。プラスチック調の材料にデジタル時計ではあまり好みに、と思って色々見たら、アナログのやつは案外いい。特にSKY COCKPITシリーズは人気があるようだ。

ということでG-SHOCKから1個買ってみようと思ってさらに調べてみた。SKY COCKPITの安いやつに一旦決まりかけたが、それはソーラー電波ではないと知り再検討。通常のアナログ表示の製品なら同じような値段でソーラー電波と分かり、それを買うことにした。

モノはAWG-M100BC-1AJF。

この1ランク安い製品もソーラー電波だが、ベルト留めがバックル式なので、「三ツ折れプッシュタイプ中留」のこっちにした。付け外しが楽だし、ベルトの耐久性も高い。

色は買ったときは青と黒があってちょっと迷ったが、モノトーンの中に白い針だけ目立つ、黒いモデルにした。

製品が決まったのでさあ買おう、と店に行ってみたが、店員が他の客の対応で忙しかったりしていたので、製品の実物を見るだけにして、けっきょくネット通販で買った。

ベルト調整はバネ棒式なので、3052と一緒に買った調整ツールに入っていたバネ棒外しで簡単に作業できた。

使ってみた感じは、今のところいい。つけ心地もいい感じだし、時刻も正確。文字盤も見やすい。

重さは3052が現状で73gなのに対し、こちらはベルトを4コマ抜いた状態で92g。いくらか重いとは言え、この程度だとさほど気になるようなものではない。

秒針がないことは注文してから気がついた。何秒かは文字盤にデジタル表示される。今のところ秒単位で行動しなければならないことがないのでさして不便には思わない。電車の乗り換えなどは分が正確に分かれば十分だから、案外これはこれでアリかもしれない。

この時計だとストップウォッチ、タイマー、アラーム等の機能があるし、都市を設定すれば各国の時刻にも自動で合わせられる。その辺の機能は今のところ使う必要がないので使い易いかどうか分からない。デフォルトでは音は鳴らない設定なので映画館などに持って行っても安心。

自動点灯に設定できるライトは一瞬しか点かないが、針の夜光塗料の光が残るので時刻の確認はできる。秒の表示の液晶は見えないが、3052も秒針に夜光塗料はなく、これで問題はないだろう。

G-SHOCKも気に入ったので、何かのときに余裕が出来たらSKY COCKPITとかもっと調べてみてもいいかもしれない。